クラウド統合ソリューションの世界リーダーであるTalend(米国カリフォルニア州レッドウッドシティNASDAQ: TLND、https://jp.talend.com/)は、大手アナリストファームのフォレスターリサーチ社が発表した最新のレポート「The Forrester Wave™: Big Data Fabric, Q2 2018 」(https://info.talend.com/forresterwavebigdata.html?_ga=2.180299620.1104308490.1529024990-461324148.1522982683) において、Talendがリーダーとして評価されたことをお知らせします。

本レポートでTalendは、3つの大分カテゴリのうち、Current Offering (現行製品)とStrategy(戦略)の2つのカテゴリにおいて、全対ベンダーの中で最高のスコアを獲得しました。Talendプラットフォームは、「HadoopとSparkディストリビューションとの連携はもちろん、サーバレスコンピューティングやコンテナといった最新のテクノロジーを使ったプロセスシンプルにする」との評価を受けています。

フォレスターリサーチ社はBig Data Fabricビッグデータファブリック)について、「データサイロからのデータの取り込み、キュレーション、ディスカバリ、プレパレーション、統合の自動化によって知見を加速する、新たなプラットフォームである」と定義しています。フォレスターリサーチ社のレポートは、ベンダー各社がどのように市場の期待に対応しているかを示し、エンタープライズアーキテクチャー(EA)のプロフェッショナルが最適なソリューションを選択できるよう支援するものです。

TalendのCMO、Ashley Stirrupは次のように述べています。「名高いForrester Waveリーダーとして認められたことは、たいへん光栄なことです。この評価は、Talendのデータ統合ソリューションの品質と革新性が認められていることのしです。この評価は、今日企業に対して、そして今後の市場進化の中で、当社がより一層革新性の高いソリューションを提供することの後ろとなることでしょう」。

本レポートではTalendがオンプレミスクラウドハイブリッド環境にわたって、リアルタイムとバッチ、そして動的なデータ駆動のユースケースサポートすることを評価しています。評価された12のサブカテゴリのうち、ビジョン、実行プロフェッショナルサービスなど6項で満点を獲得しています。

フォレスターリサーチ社によると、ビッグデータファブリックは、リアルタイムの知見、機械学習、ストリーミングナリティクス、高度アナリティクスなど、多種多様なユースケースサポートし、プロフェッショナルEA(エンタープライズ・アーキテクト)が、ゼロまたは最低限のコーディングにより、データレイク、Hadoop、NoSQLなどのさまざまなビッグデータ・プラットフォーム間でのデータ・フローを編成し、データをキュレートできるもので、データの一貫性、顧客のパーソナライゼーション、高度なビッグデータ・アナリティクスの実現を支えるものです。


Talendについて
クラウド統合ソリューションのリーダーであるTalend(NASDAQ :TLND)は、レガシーインラストクチャからデータを解放し、より多くの適切なデータ速なビジネスへの活用を実現します。Talend Cloudは、パブリック、プライベート、ハイブリッドクラウドオンプレミス環境でのデータ統合のための単一プラットフォームを提供し、ITチームビジネスチーム間のより大きなコラボレーションを可にします。Talendが提供する、市場革新速に受け入れるためのオープンかつネイティブで拡なアーキテクチャを組み合わせることで、ますます増え続けるデータ量、ユーザー、ユースケースの要に、コスト効率良く対応できます。
GE、Domino’sなど1,500社以上のグロバル企業がTalendを選択しています。また、要アナリストファームやForbes、InfoWorldSD Times をはじめとする多くの業界誌において、リーダーとしての評価を受けています。詳細は、https://jp.talend.com/をご覧ください。また、TalendのTwitterアカウント@talendKK)も是非フォローください。

配信元企業:Talend株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ