人気ロックバンドRADWIMPS」の新曲「HINOMARU」の歌詞批判が集まりボーカル野田洋次郎が謝罪したことをめぐり、自民党和田政宗参議院議員が批判に対して苦言を呈した。


和田議員はTwitterブログで、「HINOMARU」騒動について「過剰な反応はまさに『言葉狩り』」と苦言。楽曲を聞いた所感を「日本人の精性の美しさを歌っているだけで、どこが軍的なのだろうか」と述べた。また、「こんなことで言葉狩りをしていたら権批判する歌さえ歌えなくなる。かを攻撃してもいない。自由な楽曲作りがこんなことで制限されて良いのか」と批判対して疑問を呈している。


HINOMARU」の歌詞には、「日出づるの御名のもとに」や「気高きこの御の御霊」、「受け継がれた歴史」などの言葉がられている。これらの言葉が「軍歌を思わせる」などと批判が相次ぎ、ボーカル野田コメントを発表。「色んな人の意見を聞いていてなるほど、そういうに戦時中のことと結びつけて考えられる可性があるかと腑に落ちる部分もありました。傷ついた人達、すみませんでした」と謝罪した。

「HINOMARU」が収録されている「カタルシスト(完全生産限定盤)」