6月17日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に、前日に愛知・ナゴヤドームで世界選抜総選挙を終えたばかりのSKE48須田亜香里が登場。2位になった瞬間や、アイドルとしての今後について語った。

【写真を見る】須田亜香里、ナゴヤドームで人生初の気球に乗っちゃった!/撮影=須田亜香里の母

司会の爆笑問題田中裕二から「あかりん、2位になりましたー!」と「AKB48 53thシングル 世界選抜総選挙」で2位に輝いたことが発表されると、須田は「皆さんありがとうございます!」と、カメラに両手を振り満面の笑みでお礼を述べた。

太田光が「まさかこの人、こんなすごい人だとは…」と感心する中、田中が「(今までも)神7には入ってたけど、これ2位って、本人どうなの?」と率直な感想を須田に求めた。

すると、須田は「私もここまで本当に食い込めるとは思ってなかった。1位は目指してたんですけど、周り(に残った人)がもう1位に予想されたりとかしているメンバーが多かったんで、私は一度も期待されずにここまできたんで、十分大健闘だなと思います」と心境を語った。

地元・名古屋での開催だったことを問われると「名古屋の人は土地柄もあって、一度好きになったら、もうずっと応援してくれる根強い方が多いので、たぶんそういった方の応援が結構今回大きかったんじゃないかと思います」と利点を挙げた。

■ 2位が確定し「ああぁ…」

さらに田中が「でもね、最後、あと2人になったでしょ。松井(珠理奈)さんと2人だけ残って、そん時ってやっぱりね、次に呼ばれたくないわけじゃない。

呼ばれた瞬間って、まぁ(2位の)うれしさはもちろんあるんだけど、そこの中(残った松井と須田の間)では負けっていう瞬間ですよね」と本音に迫る。

これに須田は「そうですね、だから十分(2位は)すごいけど、SKE48で1・2フィニッシュっていう喜びもあったんで、(名前を)須田亜香里って呼ばれた瞬間は『ああぁ…』っていう感じです」と言い、田中から「ちょっと悔しい面もある?」と問われると、須田は「そうですね、はい」と、素直に悔しさをにじませた。

最後に田中が「これあかりん、2位まできました。年齢は、今年27歳になるでしょ。来年どうします? 出ますか?」と2019年の出馬について質問。

腕組みしながらしばし考え込み、須田は「いやー…まだ悩んでます」とだけ答えるが、西川史子から「今後どうするの?」と問われると、「いや30(歳)まではアイドルしたいなって思ってますね」と語る。

続けて「どうせ恋愛もできないし、モテないんで絶対」と、その理由を自虐的に語り話題を締めくくった。

次回の「サンデー・ジャポン」は、6月24日(日)朝10時より放送予定。(ザテレビジョン

太田光もビックリ!