海賊版サイト漫画村」が閉鎖されてから、早くも2カ月あまりが経過した。海賊版サイト最大手の消滅により、売上が回復したというマンガ家もいるようだが、いまだ多くの海賊版サイトは変わりなく延命している。

 海賊版サイト漫画村」に関しては、広告を出稿していた代理店が次々と撤退するなど、もはや運営しても利益が出ない状況が生まれている。この間「漫画村」の後継を称するようなサイトも生まれてはいるが、活動自体は低調だ。

 しかし、相も変わらず活発な活動を続けている海賊版サイトがある。18禁同人誌を扱う海賊版サイトがそれだ。

 試しにGoogleで「エロ同人」と検索してみると、どうだろう。「エロ同人無料」「無料エロ同人誌」などという検索結果が次々と表示されるのだ。

 これらのサイトでは18禁同人誌が毎日、次々と公開されている。いくつものサイトが乱立しているところを見ると、元となるデータをお互いにパクリ合っているようにも見える。

 18禁同人誌を中心とした海賊版サイトの最大手であった「ドロップブック」は昨年消滅。その後継とされた「ダウンロードブックス」もすでにアクセスできなくなっている。それでも、海賊版同人誌サイトの勢いはとどまるところを知らない。

 これらのサイトは、一様に「画像の著作権権利者様に帰属致します」「著作権等の侵害を目的とするものではありません」「掲載されたものに問題がある場合は権利者御本人様が直接ご連絡下さい」などと、あたかも不正なく運営を行っているかのような装いをしている。

 これは、二次創作同人誌権利者が訴えていないだけで、著作権的にはアウトなものという点を巧みに利用しているといえる。また、オリジナル作品であっても、作者個人が山のようにある海賊版同人誌サイトに、ひとつずつ抗議するのは大変な作業だ。

 そうした手を出しにくい状況があるからこそ、海賊版同人誌サイトの勢いは止めようがない。正規の同人誌ダウンロード販売サイトで発売されたものが、すぐにコピーされて違法にアップロードされる事態も当たり前。この状況に、今のところ打開策はない。
(文=是枝了以)

※イメージ画像