株式会社TransRecog(本社:東京都港区、代表取締役小林 敬明、以下TransRecog)は、WindowsアプリAxelaNote」のβ版を、2018年6月14日よりリリースいたしました。AxelaNoteは第113回かわさき起業オーディション川崎市)にて、かわさき起業賞を受賞しております。



AxelaNote製品紹介  https://www.transrecog.com/axelanote/
ダウンロードページ  同上

以下は紹介動画です(1分13)。

AxelaNoteの特徴
AxelaNoteを使うと、Acrobat Reader DCで表示した文書上に、キーボードペンマウスなどで自由に書き込みができるようになります。


文書の表示が絶対に崩れず、文書を一切変更せずメモが書けます。メモは文書と別ファイルで保存できます。しかも純正ソフトを一切改造しない、世界初の製品です(特許出願中)。

文書が書き込み禁止でも、印刷禁止でも、注釈禁止でもメモが書けます。さらにPDF化できます。

使い方は簡単。Acrobat Reader DCで文書を表示して、AxelaNoteを起動するだけです。

AxelaNoteのな効果
生産性向上を実現
がなくなるので、生産性向上とリモートワークが実現できます。

情報漏えい、無駄遣いを防止
個人情報漏えいの47%媒体から発生しています。
IT業界、出版業界に嬉しいプレーテキストへの書き込みが可
プレーテキスト形式※のソースコードコメントを書けます。(※バージョン1以降にて対応)。

効率的な学習を実現
文書とメモが分離できるため、講義や研修のノート取りに利用できます。
ざん抑止を実現
ざんと疑われるような加筆・修正を、文書そのものとは別で管理可です。

背景
オフィス教育現場のIT化は進んでいますが、生産性向上に効果のあるペーパレス化はいまだ発展途上にあります。調(*1)によるとへの印刷理由の第一位は「で提出・保管・配布する規定があるから」でしたが、規定は法律や社外が絡むため簡単には変えられません。また、移行の手間を考えると既存の電子データや書式も変えられません。一方別の研究(*2)によると、文書を効果的に分析・理解・校正するためにはメモを書き込むことが必須であり、しかもそれはオリジナル文書と区別がつく必要であるが、文書そのものに書き込むことは一般的に嫌われることがわかっています。
そこでこれらの、既存の環境をできる限りそのままにするという前提条件と、書き込みに期待する要件を満たせば、ペーパレス化の促進に貢献できると考え、重ね書きメモアプリケーションを開発いたしました。

■今後の展開
順次、Webブラウザテキストエディタソフト未定)、WordPowerPoint、画像閲覧ソフトとの連動に対応いたします。

AxelaNoteについて
アプリ名:AxelaNote
価格:全機無料(期間限定)
対応OSWindows7/8.1/10(32bit/64bit
対応連動ソフトAcrobat Reader DC(2018.011.20040で動作確認済み)
デバイスキーボードマウス、画面入(但しタブレットWindows7未対応)
URLhttps://www.transrecog.com/axelanote/

■会社概要
商号: 株式会社TransRecog首都大学東京ベンチャー)
代表者 : 代表取締役CEO 小林 敬明
所在地: 〒105-0004 東京都港区5-23-1
設立: 2017年11月
事業内容: ソフトウェアの製造・販売
資本500万円
URLhttps://www.transrecog.com/



(出典)
*1 柴田 博仁:ペーパーレスオフィスはなぜ来ないのか?はどこで使われるのか?, 日本画像学会論文誌, Vol 56, No.5, pp.537-544 (2017).
*2 Abigail J.Sellen, Richard H.R.Harper:ペーパーレスオフィス神話―なぜオフィスであふれているのか?, 創成社 (2007).

配信元企業株式会社TransRecog

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ