仕事を辞めたい

(©ぱくたそ)

18日午前7時58分、大阪府北部を震源とする地震が発生。月曜日の8時前という通勤・通学中の地震により、混乱する学生やサラリーマンたちが相次いでいた。

その状況下でも出社を命じられたサラリーマンたちがいるが、中には上司に対して苛立ちを隠せない人もいるようだ。

■「クソ上司」に対する恨みが続出

ツイッター上では、「上司から『歩いてでも会社に来い』と言われた」「クソ上司に出勤を命じられた」など、上司に対する恨みをつぶやく人たちが見受けられた。

■出社を強制する会社は辞めるべき?

地震にも関わらず出社を命じる上司や会社。これを受け、出社を命じるような会社は「辞めていい」との声も。中には、出社を強制されてしまったことから実際に会社を辞めた人も。

上司や会社の本性は、こういった危機的状況にこそあらわれるのかもしれない。

■上司を「殺したい」ほど憎んだ経験は…

しらべぇ編集部が全国20〜60代の会社員経験がある男女1,006名に「上司」について調査したところ、4人に1人が「殺したいと思ったことがある」と回答した。

(©ニュースサイトしらべぇ

4人に1人が、上司に対して強い不満を抱えているようだ。

「闇を感じる」「社畜」と言われることも多い日本人だが、悪い意味で「勤勉さ」をあらわす事象といえるのかもしれない。

・合わせて読みたい→米朝首脳会談 「ワーキングランチ」にネット民反応 「社畜は毎日それ」

(文/しらべぇ編集部・シマウマ姉さん

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年6月2日2017年6月5日
対象:全国20~60代の会社員経験がある男女1006名(有効回答数)

大阪地震でも「クソ上司」からの出社命令 「日本はおかしい」と嘆きの声