株式会社徳間書店 (本社:東京都品川区上大崎 代表取締役社長:平野健一)は、高校野球界屈指の強豪校 横浜高校野球部前監督で名将と謳われた渡辺元智氏の次女で、同校野球部・前寮母 渡辺元美氏初の著書『甲子園、連れていきます!横浜高校野球部 食堂物語』 を2018年6月21日(木)より全国順次発売することが決定致しましたので、ここにお知らせ致します。

  • 球児たちが本当に必要としていたものは、カロリー計算より何よりも、おふくろの味でした!

 創部71年を数える横浜高校野球部は、甲子園において通算51勝、春3度、夏2度の優勝を果たしている全国屈指の強豪校。輩出したプロ野球選手は61人! この名門校の強さを培ってきたのは、名将と呼ばれた渡辺元智 前監督自らが「食」にあると言う。いったい、横浜高校野球部合宿所の「食」とは何だったのか? 日本一を目指し、血の滲む練習に明け暮れる球児たち。本書はその強靭な肉体と精神を「厨房」から支えた、前寮母・渡辺元美さんの20年に渡る食日誌です。

  • 商品情報
帯なし表紙
タイトル 甲子園、連れていきます! 横浜高校野球部 食堂物語
発売日 2018年6月21日(木)より全国順次発売
定価 本体1,300円+税
仕様 四六判ソフト/1C192ページ+4C4ページ
著者 渡辺元美
発行 徳間書店
商品ページ http://www.tokuma.jp/bookinfo/9784198646400


寮のごはんは ぼくのパワーの源でした!
著者:渡辺元美さん
渡辺元美(わたなべ もとみ) 1970年10月26日生まれ。
47歳 神奈川県出身

名将と呼ばれた父、横浜高校野球部 前監督 渡辺元智氏の次女。
物心付く前から自宅に同居する野球部員と過ごし、母 紀子さんの跡を引き継ぐかたちで、1997年横浜高校野球部合宿所「徳心寮」の寮母となり、2018年3月までの20年間、数多くの部員をサポート
 同年4月からはTANPAC株式会社のアスリートサポート事業部に所属し、現在は桜美林大学のアスリート寮で食事面のサポートを行っている。
  • 本書の構成
はじめに
食堂入口
第一章  母の背中・父の足跡
うれしいはずの優勝も実はプレッシャーに!?
毎食100枚の食器を洗い、一日40合の米を研ぐ日々
父も母も自宅も合宿所も、すべてが野球一色だった
監督か、父か? 野球と家庭の狭間で揺れ動く親心
ふと気が付けば、母だけでなく父とも同じ道を歩んでいた

第二章  「食」は選手との大切なコミュニケーション
食事の準備をする元美さん
専門学校で学べたことと、合宿所でしか学べなかったこと
脱走に次ぐ脱走で気付かされたものとは!?
監督の機嫌まで良くしてしまう頼りになる縁の下の力持ちたち
応援する側が応援される側に!? 甲子園、連れていきます!

第三章  寮母として大切なこと
先輩キャプテン自ら後輩のために大改革
部員たちの成長を見ること、それが何よりもの幸せ
部員たちの人気メニュー「ロコモコ丼」
忙中閑あり茶目っ気たっぷりな部員たち
時代とともに変化していった、選手たちとのコミュニケーション

第四章  別れのとき、旅立ちのとき
選手たちの反応と母親たちの声、喜びを感じるとき
寮母と実母孫と監督の狭間
いよいよ父が監督として最後の日がやってきた
卒業、そしてそれぞれの道を歩む
横浜高校野球部合宿所 お昼の人気メニュー

横浜高校野球部合宿所 お昼の人気メニュー
あとがき





卒業する部員より贈られたお礼のお手紙







2018年3月、寮母最終日に部員全員から感謝の挨拶を受ける元美さん
  • 横浜高校野球部合宿所 食堂における心得(本書より)
1.「いただきます!」感謝を込めて。
2.残さず食べることが体作りの基本であり、作ってくれた人への礼儀。
3.おかわりをしよう!
4.「ごちそうさまでした!」感謝を込めて。
5.自分の食器を台所まで運んだら、テーブルを拭く。
6.麦茶のペットボトルやドレッシング等をきちんとしまう。
7.椅子をきちんとしまう。
最後の者はテレビ、電気を消す。

<開催日時>2018年6月27日(水) 開場15:00/開演16:00~終演17:00

<会場>相鉄ジョイナス地下2階特設会場
<出演者>渡辺元美さん(著者)
<特別ゲスト
鈴木尚典氏(横浜高校野球部OB・元横浜ベイスターズ) 鈴木章仁氏(尚典氏弟・横浜高校野球部OB)
参加方法などの詳細は有隣堂 横浜西口ジョイナス店HPより
http://www.yurindo.co.jp/yokohama-diamond/4394


ゲスト鈴木尚典プロフィール
鈴木尚典(すずき たかのり)横浜DeNAベイスターズOB(現:球団職員)
生年月日:1972年4月10日 静岡県出身
ポジション外野手 投打:右投左打

1990年横浜高校から横浜大洋ホエールズ(現横浜DeNAベイスターズ)にドラフト4巡目で入団。
入団7年目の1997年打率.335首位打者を獲得。翌1998年にも打率.337で2年連続で首位打者を獲得し、38年振りの優勝に貢献。日本シリーズでも最優秀選手賞(MVP)にも輝く。プロ通算1,517試合、1,456安打、146本塁打、700打点、通算打率.303オールスター4回出場。
2008年引退後はファーム打撃コーチを務めた。2010年より球団職員として野球教室などで子ども達の指導に従事。

配信元企業:株式会社徳間書店

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ