チュニジアエリア内で2度ファウルを犯していた!?

 イングランドは現地時間18日に行われたチュニジアとのロシアワールドカップ(W杯)初戦で2-1の勝利を収めた。試合終了間際の一撃でゲームが決したなか、元国際主審で現在はイングランドコメンテーターなどを務めるグラハム・ポール氏が、ビデオアシスタントフェリー(VAR)を含む同カードのレフェリングに疑問を投げかけた。英紙「デイリーメール」が報じた。

 イングランドは前半11分にFWハリー・ケイントットナム)のゴールで先制したものの、同35分にPKで同点に追いつかれてしまう。そのまま試合は膠着状態となったが、後半アディショナルタイムケインが再びゴールを沈めて勝利を手にした。だが、全体的な内容としては不満の残る展開となった。

 ポール氏は、イングランドのDFカイルウォーカーマンチェスター・シティ)がペナルティーエリア内でファウルを犯したと判断された一方で、チュニジアエリア内で2度ファウルを犯していたと、「デイリーメール」紙内の自身のコラムで疑問を呈した。

FIFAがこのW杯で止めたいと望んでいたことの一つは、ボールとは違うところで対戦相手をホールドしたり、ブロックしたりするディフェンダーだった」


コッリーナFIFA審判長に主張「審判とVAR要員の両方と話すべき」

 そう主張するポール氏は、この試合を裁いたウィルマー・ロルダン主審のジャッジについて「プレーをする前にチュニジア選手に警告し続けていたが、ケインが大胆に地面に倒された時を含め2度のペナルティーを与えなかった」と強調した。

 また、「モスクワのVARスタジオにいるブラジル人審判のサンドロ・リッチ氏が、その件に対してVARで関与しなかったことに私は驚いているし、失望している。それが、彼がそこにいる理由だからだ」と、一連のプレーでVAR判定が行われなかったことにも疑問を抱いているようだ。

「幸いにも(試合)結果には影響なかったが、FIFAの審判長であるピエルルイジ・コッリーナは、ペナルティーエリア内での今回のようなファウルが将来ちゃんと処罰されることを確実にするために、審判とVAR要員の両方と話さなければならない」

 怒りの収まらないポール氏は、イタリアの元名物レフェリーで、現在はFIFAの審判委員会会長を務めるコッリーナ氏に呼び掛けた。すでに話題を呼んでいるVAR判定は、この先どんなドラマを生んでいくのだろうか。


Football ZONE web編集部)

今回導入されたVARに対して様々な意見が挙がっている【写真:Getty Images】