テレビアニメひそねとまそたん」第11話の先行カットが到着しました。

<第11話「モンパルナスの空とクズ女」あらすじ>“マツリゴト”が始まった。かつてDパイたちが訓練した無人島“ミズチ岩”となっていた超大型変態飛翔生体“ミタツ様”が目ざめ、次なる臥所に移動を始めた。発達した積乱雲に身を隠し、ゆっくりと飛び立つミタツ様。激しい風圧、暗雲たちこめる暴風雨の中、 懸命にミタツ様を誘導する4機のOTF。「甘粕ひそねは、今、何をしている?」。日本国の命運がかかったミッションの中、隊員たちはその場にいない、ひそねを思うのだった。

第11話「モンパルナスの空とクズ女」は、6月21日(木)24時からTOKYO MXBSフジで最速放送。岐阜放送MBSでも放送されるほか、Netflixで毎週木曜に配信されます。

アニメーション制作会社ボンズが「シン・ゴジラ」の樋口真嗣さんを総監督に、数多くのアニメヒットに導いている岡田麿里さんをシリーズ構成に迎え、オリジナルで練り上げたお仕事ストーリー。甘粕ひそねは、素直すぎて無意識で他人を傷つけることに疲れ、任期限定の自衛官になる。着任した航空自衛隊岐阜基地で出会ったのは、戦闘機に擬態するOTF(変態飛翔生体)として基地に秘匿されているドラゴンでした。(WebNewtype

第11話「モンパルナスの空とクズ女」より