一般財団法人日本科学技術連盟 (本部:東京都新宿区、理事長:佐々木眞一、以下 日科技連)は、日本経済新聞社の後援を得て、今回で10回目となる「企業の品質経営度調査」を開始します。
回収した調査票について、大学有識者、日科技連、日経リサーチにより構成する調査解析担当によって、集計・統計処理を行い、ランキング形式にて公表する予定です。

■品質経営度調査とは
「企業の品質経営度調査」とは、企業における品質経営の推進のみならず、産業界に「品質」の重要性の再認識をうながすことなどを目的に、2004年から日科技連と日本経済新聞社が共同で始めた調査です。
国内企業を対象に、品質経営の取り組みに関する調査票に回答いただき、企業の品質経営の実態を調査いたします。
回答企業にとっては自社の品質経営の水準を評価し、今後、品質経営を追求してくために何が必要とされるのかを明確にすることができ、自社の品質経営の自己評価としてもご活用いただける調査になっています。

■調査のポイント
第10回となる本調査では、最近の注目されている働き方改革やコンプライアンスに関する設問を新たに追加し、調査の継続性を保つために品質経営の実践に重要な設問は継承しつつ、品質経営のベストラクティスとなり得る各社の優れた取り組みを抽出できるように調査票を設計しました。

第10回調査結果は、11月日本経済新聞ならびに日経産業新聞に掲載する予定です。

■財団概要
商号   : 一般財団法人日本科学技術連盟
所在地  : 〒163-0704 東京都新宿区西新宿2-7-1 小田急第一生命ビル4階
代表者  : 理事長(代表理事) 佐々木 眞一(ささき しんいち)
創立   : 1946年5月1日
事業内容 : 経営管理技術、特に品質管理(QC)を中心にした普及事業
基本財産: 23億1,720万円
URL   : http://www.juse.or.jp/

配信元企業:一般財団法人日本科学技術連盟

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ