ローマパリ・サンジェルマンからアルゼンチン人MFハビエル・パストーレを獲得したようだ。

 ローマは25日、ローマ市内のフィウミチーノ空港にパストーレが到着したと発表した。イギリスサッカー誌『FourFourTwo』によると、移籍手続きはすでに完了しており、メディチェック完了後すぐ契約締結の正式発表がされるようだ。なお、移籍金は2000ユーロ(約26億円)になるという。

 パストーレは現在29歳で、早くから注目を浴びてきた逸材。19歳でセリエAデビューすると、20歳の時にはセリエA最優秀若手選手賞を獲得した。2011年にはフランスの強豪パリ・サンジェルマンから引き抜かれ、2016-17シーズンは同クラブ背番号「10」を身に着けた。今季はリーグ・アンで25試合に出場している。

 なお、ローマは今夏インテルから左サイドバックイタリア代表DFダビデ・サントン、アヤックスから元オランダ代表FWパトリッククライファート氏の息子で19歳のユスティン・クライファートを獲得している。

 26日14時7分、記事中に「移籍金は6000万ユーロ(約77億円)」と誤って表記していたのを「2000ユーロ(約26億円)」と訂正致しました。

パリ・サンジェルマンからローマへ移籍するハビエル・パストーレ [写真]=Getty Images