イラン戦のプレーに賛否の声「レッドカードにすべき」「イエローでも厳しい」

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は25日、1次リーグB組でポルトガルイランに1-1で引き分け。勝ち点5の2位で決勝トーナメント進出を決めたが、波紋を呼んでいるのはFWクリスティアーノ・ロナウドの“肘打ち”だ。ビデオアシスタント・レフェリー(VAR)によってイエローカードが下されたが、英メディアは決定的瞬間の画像を公開している。

 波紋を呼んでいるのは、1-0で迎えた後半38分。ボールとは関係ない場面だった。ロナウドは体を寄せてきたDFモルテザ・プーラリガンジと競り合った際、相手を払いのけるような動作をすると、次の瞬間、プーラリガンジは顔を押さえ、ピッチに倒れ込んだ。これを受け、イラン側は抗議。主審はVARで確認の後、イエローカードを下した。

 決して強い当たりには見えず、ロナウドもこれには苦笑い。ファンの間でも「レッドカードにすべき」「イエローでも厳しい」と賛否が分かれているが、英紙「ザ・サン」のサッカー専用アカウントツイッターロナウドプーラリガンジと接触する決定的瞬間の画像を公開している。

 確かにロナウドの腕がプーラリガンジの顔に触れてはいるが、肘が入っているかは微妙なところ。しかも、激しい接触ではなかっただけに通常の競り合いと捉えられてもおかしくはない。投稿では「クリスティアーノ・ロナウドがオフ・ザ・ボールエルボーの後にレッドカードを劇的に脱出」とつづられている。

 ポルトガルが世界に誇るNO1ストライカーだけに、1つのプレーが大きな脚光を浴びている。(THE ANSWER編集部)

イエローカードを受けて苦笑いするクリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】