南米は80%、欧州は71.4%の突破率をマーク 残り2枠にメキシコと日本

 ロシアワールドカップ(W杯)はグループリーグ全日程を消化し、決勝トーナメント進出の16チームが出揃った。32チームから半数が脱落したことになるが、地域間の突破率はどうなったのだろうか。

 今大会はロシア開催で、UEFA欧州サッカー連盟)への加盟国であるため、欧州から14チームが出場。南米から5チーム、北中米カリブ海から3チームアフリカから5チームアジアから5チームが集まった。

 そのなかで、やはりサッカーの中心である欧州と南米は高い突破率をマークした。トップに立ったのは南米で、ブラジルアルゼンチンウルグアイコロンビアの4チームが突破。敗退したのはペルーのみで、突破率は80%にのぼった。FWリオネル・メッシを擁するアルゼンチンは最後の最後まで敗退に危機に瀕したが、底力を見せるように勝ち上がった。

 欧州は10チームが突破を果たし、その突破率は71.4%となった。前回王者のドイツが敗退した4チームに含まれるのはサプライズだが、グループ内に2カ国が入っての“潰し合い”が発生することもあると考えれば、やはりその強さは際立っている。

 この2地域だけで、すでに16チーム中の14チームの座席が埋まった。残りの二つを手にしたのは北中米カリブ海のメキシコと、アジアの日本だった。


アフリカ勢は決勝Tが16チーム制になって初の全滅

 北中米カリブ海は、メキシコが初戦でドイツに勝利してその戦略的な戦い方を世界にアピールした。最終戦ではスウェーデンに0-3と大敗したが、韓国がドイツを2-0で破ったことにも救われた。この地域の突破率は33.3%だった。

 そしてアジアは、日本が2大会ぶりの16強入りを果たして突破率は20%。日本は最終戦でポーランドに0-1で敗れたが、セネガルと勝ち点、得失点差、総得点、直接対決の結果で並び、フェアプレーポイントの差で突破を決めた。

 実は、これがアジアアフリカで全滅を争う決戦だった。アフリカはこれで5チーム全てが敗退となり、突破率は0%。16チームで決勝トーナメントが行われるようになってからは、初めてトーナメントに残れないという結果になった。

 率で示せば、やはり欧州と南米の強さは際立った。その両地域のチームが含まれたグループを勝ち残った日本は、想像以上に難しいミッションを成功させたと言えるだろう。


Football ZONE web編集部)

(上から順に)ブラジル代表、フランス代表、メキシコ代表、日本代表【写真:Getty Images】