昨年、アメリカ合衆国大統領トランプ氏が就任して以降、すっかりメディアで見かけることが少なくなった前大統領オバマ氏。そういえばオバマ氏が大統領候補だった頃から彼を応援し、就任後は「オバマを勝手に応援する会」を有志が結成するなどして長らくラブコールを送ってきた福井県小浜市はいま、どうなっているのだろうか……? あの頃、話題となっていた「オバマまんじゅう(おばまん)」などの土産ものはまだ買えるの……? ふと思い立って、小浜の町でオバマ氏を探してみることにした。


オバマじゃなくてアノ人も発見

JR小浜駅周辺にも特に応援垂れ幕やポスターなどはなく、とりあえず道の駅 若狭おばま」ヘやってきた。そこで最も「こ、これは……!!」と仰天したのが、小浜とは特に無関係なはずのアノ人のPOP。本件にはおいおいふれるとして、とりあえず地元名物を食べて休憩することに。

道の駅 若狭おばま」駐車場入り口に立っていた、若狭塗箸のオブジェ。そういえば2009年頃、当時首相だった麻生太郎氏を通じて、オバマファミリーに名入りの「若狭塗箸」 が贈呈されたというニュースなんかもありましたよね……。


オバマ発見!
小浜は鯖街道起点の地ということで、道の駅にも、鯖を使ったメニューがいろいろあった。イチオシという鯖の醤油干しの竜田揚げを挟んだ「鯖サンド」を注文して着席すると、ど演歌が流れるイートインコーナーの片隅にオバマさんイターーー!

やや色あせた等身大パネルがそこに!! 飲食している人々を終始にこやかに見守り、食べ終わった食器を返却口に戻すと、優しく微笑みかけてくれる。

よく見ると、オバマファミリーTシャツディスプレイされていた。なお、オバマ氏は結局まだ小浜市を訪れたことはないのだが、オバマ氏の物真似でかつて一世を風靡したお笑いコンビデンジャラスのノッチは、相方の安田とともに来店したようで、写真入りのサインが飾ってあった。

食べ終わって物販コーナーへ行ってみたところ、オバマコーナーを発見! 井上耕養庵の「オバマまんじゅう」「オバマ煎餅」は現在もしっかり販売されており、ほっとひと安心。おばまんや煎餅はいわば、最近どの地方でも見かける『◯◯に行ってきました』と書いてあるお土産お菓子的な地位を獲得し、もはや小浜土産の定番となっているようだ。

実は、先ほどのアノ人のPOPオバマコーナーにあったもの。新旧大統領が手を携えて(?)、オバマ煎餅やまんじゅうアピールしていた。劇画タッチの絵が絶妙で、スタッフの方のセンスを感じる。ネクタイトレードマークの赤じゃないのがやや残念な気もしたのだが、最近は青いネクタイと使い分けているようなので、あえての青なのかもしれませんね。

オバマゆかりのオブジェも

その後、もう1箇所ある「小浜まちの駅 旭座」へも行ってみた。週末や祝日のみ運行しているという周遊バスを発見。「OBAMA CITY」書いてあり、レトロな車体デザインが海外のバスっぽくてステキだ。本当にスペル、発音ともにオバマ氏と同じなんだな……。

ここには、「Participants of peace(平和への参加)」というオバマゆかりの不思議なオブジェが飾られていた。グレゴリー・コーツ氏という、ニューヨーク在住アーティストの作品らしい。なんでも、オバマ氏と同じく白人と黒人の混血であり、オバマ支持者で、大の親日家でもあるコーツ氏は、小浜市がオバマ氏を(勝手に)応援しているという記事を読んで感動。両者の架け橋になるような作品をつくりたいと考えたのだそうだ。2016年に「小浜まちの駅」オープンにあたり寄贈されたものとのことで、へー、けっこう最近の話なんですね。

自由に動かすことができる5つのリングが、「平和、友愛、融和、大陸、世界」を表しており、鑑賞者が自由に動かして形状を変えることができる。自らの手で世界を変えていこう、というメッセージが込められている(らしい)。

2016年の設置にもかかわらず、オバマ氏のプロフィール欄はなぜか、「COMING SOON」になっていた。

いっきり余談だが、オバマフィーバー以前の2008年頃から、小浜市が現在も猛プッシュしているのがこの、ゆるキャラの「さばトラななちゃん」である。うーむ、確かにかわいい

リアルなちゃん発見!? 海辺の町らしく、路地裏や店舗でも、猫をいたるところで見かけた。


オバマは今も親しまれているが……
と、そんなわけでかなり沈静化してはいるものの、現在もオバマ氏は小浜市民に親しまれ、友情を感じ続けていることがわかった。一方、ややトーンダウンしていることも事実で、観光案内所やたまたま入った飲食店などでも、オバマ氏について「最近はどうですか?」と聞いてみたところ、「うーん、うちも以前はグッズとかつくってたんだけどねえ……」などの返事や、「そんなことより、今の時期は水まんじゅうがオススメなんですよ!」と強引に話をそらそうとする人も。

ただ、アメリカ人観光客などはオバマ土産を見て「Wow!」と大変驚くことが多いそうだ。我々が海外の地方都市を旅しているときに、たとえば安倍首相似顔絵ネーム入りお菓子が売られているようなものだから、そりゃあ驚きますよね。

最近は、北陸新幹線の小浜京都ルートの件などもあって、オバマフィーバー以降も何かと注目が高まっている小浜市。大統領退任後、現役時代ほど多忙ではなくなっているのだとしたら、ぜひいまこそ、オバマファミリーにのんびりと小浜を訪れてほしいものですよね!?
まめこ