ウルグアイが欧州王者に競り勝ち2大会ぶりのベスト8進出

 ロシアワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦が現地時間30日に行われ、南米の強豪ウルグアイはFWエディンソン・カバーニが2ゴールを決める活躍を見せ、欧州王者ポルトガルに2-1の勝利を収めて2大会ぶりのベスト8進出を果たした。

 先制点を奪ったのはウルグアイの強力2トップだった。前半7分、右サイドからFWエディンソン・カバーニが糸を引くような弾道のサイドチェンジを送ると、その先には相棒のFWルイス・スアレスが待っていた。スアレスは左45度の位置にカットインすると、ファーサイドに向けてシュート性の弾丸クロスを放ち、そこに走り込んできたカバーニがヘディングで決めた。鮮やかすぎるコンビプレーが、ウルグアイにアドバンテージをもたらした。

 グループリーグを唯一無失点で突破してきたウルグアイに先制点を渡してしまったポルトガルは、ボール保持率を高める流れになったものの、同時に高速カウンターの脅威にもさらされた。スアレスの低弾道フリーキックをGKルイ・パトリシオのファインセーブでしのぐ場面も作られたポルトガルは、エースのFWクリスティアーノ・ロナウドシュートに持ち込めそうな場面になれば強烈なマークを受けた。同32分にゴール正面の約20メートルから狙ったフリーキックも壁に阻まれ、ゴールとはならなかった。

 結局、前半はウルグアイが1-0でポルトガルリードして終了した。

 ポルトガルスコアを動かしたのはセットプレーだった。後半9分、ショートコーナーからDFペペが、ロナウドジャンプした後ろからヘディングで決めた。グループリーグモロッコ戦とは中央が逆の関係になった一撃で、ポルトガルはウルグアイに今大会の初失点となるゴールを奪って1-1の同点に追いついた。

 しかしウルグアイは同17分、MFロドリゴ・ベンタンクールによりポルトガル守備陣の虚を突くような左サイドへのパスから、カバーニが右足インフロントで巻き込むシュートを決めて突き放した。

 反撃に出るポルトガルは、グループリーグイラン戦で芸術的ゴールを決めたMFリカルド・クアレスマを投入。同25分には、ウルグアイのGKフェルナンド・ムスレラが飛び出して弾いたボールにMFベルナルド・シウバが反応。GKのいないゴールシュートを放つチャンスを得たが、クロスバーの上に外してしまった。

 ポルトガルは結局、再度の同点ゴールを奪うだけの攻撃を見せることはできず、このままウルグアイが2-1で勝利を収めてフランスとの準々決勝に進出した。直前のゲームアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、フランスに敗れて大会から姿を消したが、サッカー界のベストプレーヤーを競う双璧であるロナウドもまた、W杯での決勝トーナメントにおけるノーゴール記録を払拭することができずに敗退の憂き目にあった。


Football ZONE web編集部)

決勝ゴールを挙げたカバーニ【写真:Getty Images】