【この記事の動画を見る】

女優の伊藤蘭が、一人娘で女優として活躍している趣里の近影をインスタグラムに投稿している。2011年に女優デビューした後は大学を中退し、演技の勉強を重ねてきた彼女は今年、TBS系ドラマブラックペアン』でクール看護師を好演し話題になった。

ブラックペアン』で二宮和也が演じる主人公・渡海征司郎をサポートするクールで優秀な看護師・猫田麻里を演じた趣里。今年5月には、ダスキンの新CM「くらしのリズムを整えよう」に風間俊介の妻役でも出演している。

父は水谷豊、母は伊藤蘭と俗に言う“十四光”ではあるが、趣里は最初から芸能界を目指していたわけではない。幼い頃からの夢だったバレリーナへの道を10代半ばで怪我のため断念せざるを得なくなり、将来の展望を描くことができずにいた。そんな彼女を救ったのが演劇の世界だった。27歳まで多数のドラマや映画に出演してきたが、特に力を入れてきたのは「観客の反応をじかに感じられるのが好き」だという舞台である。

1日の『伊藤蘭 ranito_official Instagram』では「少しづつ大人っぽくなってるような気配」とコメントを添えた趣里の最近の写真を公開、「#マクワガントリロジー」「#演出小川絵梨子」と娘の舞台を紹介しているところに伊藤の親心が伝わってくる。

コメント欄には「ブラックペアンを見てました。目で演技ができる素晴らしい女優さんです」「ブラックペアンでの演技良かったです」「ブラックペアンの趣里ちゃん、存在感ありましたね」とやはり『ブラックペアン』の演技を高く評価する声が多く、また「いつか親子3人での共演が見たい」という要望も見受けられた。

画像は『伊藤蘭 2018年7月1日Instagram「趣里近影」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 みやび

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト