後半アディショナルタイムベルギーの電光石火のカウンターを食らって逆転負け

 日本代表は現地時間2日、ロシアワールドカップ(W杯)決勝トーナメント1回戦でベルギーと激突し、2点を先行するも追いつかれ、後半アディショナルタイムに痛恨の逆転ゴールを許して2-3で敗れた。最後に劇的ゴールを許したシーンについて、DF長友佑都は「みんな死に物狂いで帰らないと……」と問題点を指摘した。

 試合は0-0迎えた後半3分にMF原口元気の一撃で日本が先制すると、同7分にはMF乾貴士が強烈な無回転ミドルで追加点。ところが同24分にDFヤン・ヴェルトンゲン、同29分にMFマルアンフェライニに被弾して追いつかれる。2-2で迎えた後半アディショナルタイムに日本がCKを獲得し、MF本田圭佑キックが相手GKティボー・クルトワにキャッチされると、相手の高速カウンターが発動した。

 GKが前方にボールを投げると、MFケビン・デ・ブライネが自陣エリア前からドリブルで一気に持ち上がり、右サイドへパス。勢いよく駆け上がったDFトーマス・ムニエがそのままラストパスをゴール前に送ると、FWロメル・ルカクスルーし、最後は途中出場のMFナセル・シャドリが流し込んで勝負は決している。

 まさに電光石火のゴールだった。相手5人が一斉に走り出した一方、日本の選手たちは戻りが遅れ、長友ら後方の3人で懸命に対応。ベルギー戦直後、長友は「僕は映像を見てないのであれなんですけど、最終的に数的不利な状況だった? 数的不利でも守れればいいんだけど、そんなに甘い世界ではなくて」と問題のシーンを振り返っている。


数的劣勢を強いられた対応を分析「走力自体も違った」

「90分の最後に相手があれだけの走力を使って前に出てきた。僕らは戻れなかった。その走力自体も違いましたね」

 延長の可能性が見え始めた後半アディショナルのチャンスベルギーは全力を注いだ。結果的に日本の選手たちは戻り切れず、劇的な決勝弾を奪われる形となった。長友は「後ろにいる僕らが防ぎきれたら問題ないんだけど……」と繰り返しながらも、戻りの遅さが失点の一因と指摘する。

あそこ、みんな帰らないと。死に物狂いで帰らないと、やっぱり点を取られてしまう」

 勝負どころで如実に現われた走力の差。それが両軍の残酷なコントラスを描く大きな要因となった。


(大木 勇(Football ZONE web編集部) / Isamu Oki)

日本代表DF長友が“決勝弾献上シーン”の問題点を指摘した【写真:Getty Images】