タレント明石家さんま(63歳)が、7月4日に放送されたバラエティ番組「さんまのお誕生日会!豪華芸能人が選んだプレゼントにホンマでっか!?連発SP」(フジテレビ系)に出演し、女優・剛力彩芽(25歳)からもらったものを「捨てました」と語った。

この日、女優・吉岡里穂(25歳)がさんま誕生日を祝うため登場。全国の醤油をプレゼントされると、さんまは「俺もね、女優さんからいろいろもらうんですよ、こういう環境にいるから」とコメント

だが、その後「でも、剛力からもらった物は捨てました。心の整理つけた」と寂しそうに語ると、スタジオからは「捨てちゃうことないのに!」「付き合ってもいないのに!」とツッコミが入ることに。

さんまツッコミに対して「付き合ってもいないのに、なぜ捨てたんだろう…」と胸に手を当てて傷心気味にボヤいていたが、吉岡の隣へ移動し「かわいらしいなぁ。ツーショット、これなんかいいんじゃないの」と新たな狙いを定めていたようだった。

Twitterなどのネットでは「剛力彩芽よりは吉岡里帆が断然かわいい」「吉岡里帆ちゃんがかわいすぎてオススメの醤油速攻買った」「さんまさん、たしかに貰い物多そう」といった反応が寄せられている。