北朝鮮国営の朝鮮中央通信は4日、日本にある朝鮮学校の生徒が修学旅行北朝鮮から持ち帰った土産品を税関で没収された問題を巡り、「不当きわまりない弾圧策動」であると非難する論評を配信した。

(参考記事:金正恩と大阪を結ぶ奇しき血脈

この問題は、神戸朝鮮高級学校の生徒62人が6月28日夜、北朝鮮訪問を終えて関西空港に到着した際、約半数の生徒が、北朝鮮の国旗などが描かれた化粧品や薬などの土産品を、税関により「経済制裁により禁止された輸入品」とみなされ、押収されたというもの。

論評は、「生徒たちが所持した物品は、日本政府が不当に加えている対朝鮮制裁項目にも該当しないもので、夜12時が過ぎるまで生徒たちを家にも帰られないように迫害し、強制的に奪うべき何の理由もない」と主張。

そのうえで「これがまさに、表では『対話』をうんぬんし、裏では『制裁・圧迫』を唱え、国際社会の面前では『人権擁護国』に振る舞い、振り返ってはあらゆる民族差別的・反人倫的悪行をこととする島国チョッパリ日本人の蔑称※)の醜悪な真面目(素顔)である」と決めつけた。※は原文ママ

金正恩氏(朝鮮中央通信)