使用する歯ブラシは一般に販されているものでOKで、

普通の3列タイプで、最初は柔らかめのものを使い、慣れてきたら徐々に硬いものに変えていってもかまいません。販の歯ブラシは各メーカーによって基準がまちまちなので、いろいろ試してみて、自分に合った硬さを選んでください」

 ただし、山切りにカットされたタイプは避けるべきだという。

「山切りカットというのは、先端が入るところは磨きやすい、というだけのこと。そうじゃないところは逆に磨きにくいので、できれば避けるべきですね」

 磨く順番は記者の場合、最初は気になるところから入念にやってしまうのだが、

「基本は『悪いところはいちばん最後に磨く』こと。腫れている場所や血が出ている場所など、傷になっているところをさらに傷つければ当然、そこからバイ菌が入る。したがって、そこから磨いてしまうと、いつまでたっても腫れが引かなくなります。それだけ注意すれば、他の手順は前からでもからでも、自分のやりやすい順番で大丈夫。やりやすい場所だけ磨いて終わりにならないよう、順番を決めて磨くことをお勧めします」

 もう一つ、記者はここ2年ほど、電動歯ブラシを使っている。よく磨けている気がしてなかなかいいと思うのだが。

模型に色を付けてどれくらい落ちるか、という実験をした場合、確かに電動歯ブラシは落ちるように見えます。ただ、あれは歯茎のことを一切考えていない磨き方なので、かなりハードだし、雑です。結局、あれを使い続けると、雑な磨き方になる可性は高い」

 また、ブラシも、の隙間の三状になっている根元の隅っこには届かない場合が多く、使用することで隙間が大きく開いてしまうため、医師に相談したほうがいいという。

 取材から1週間。洗面所にあった歯磨き粉を処分し、電動歯ブラシから普通歯ブラシに持ち替えて、唾液だけで「フォーンズ法」と「突っ込み震わせ磨き」を実践したところ、驚くなかれ、3日にして右前周辺からの出血が止まった。腫れも引いて、心なしか歯茎が引き締まってきた感じがする。

歯周病は生活習慣病です。なので、サプリメントやを飲んで治る病気ではありません。歯周病治療のための基本は、血液循環善と細菌除去ですから、『軟毛ブラシ・弱圧・微振動・長時間』が歯磨きの基本。急がば回れの気持ちで、じっくり取り組んでください」

 間違った歯磨き突然死など、絶対に避けたい。そのためにも、歯周病治療にはきちんと軌修正した最初の一歩が大切なのだ。

アサ芸プラス