9秒35に見えた「相手への敬意」、元ドイツV戦士が指摘「ファウルで止めるべきだった」

 サッカー日本代表は、ワールドカップ(W杯)ロシア大会決勝トーナメント1回戦でベルギーに2-3で惜敗。後半アディショナルタイムに失点する壮絶な逆転負けを喫した。史上初の8強をあと一歩で逃した“ロストフの悲劇”は避けられなかったのか。西ドイツ代表として90年イタリアW杯優勝に貢献したピエール・リトバルスキー氏は「THE ANSWER」の単独取材に応じ、「9秒35」の高速カウンターが生まれた背景には「対戦相手への敬意」という日本文化で培われてきた価値観の存在を指摘している。

 準々決勝でブラジルを破った“赤い悪魔ベルギーを追い詰めていた日本。あの高速カウンターさえ防いでいれば、カザン・アリーナピッチに立っていたのは、日本だったかもしれない。

「あのカウンターの場面は守備のマネジメントが足りなかった。セットプレーの後の帰陣が遅かった。それでも、ファウルで止められていれば問題なかった。むしろ、ファウルで止めなければいけなかった場面だった。クロアチアならファウルで止める。ブラジルもそう。ドイツファウルで止める局面なのですが、日本はそれができませんでした」

 リトバルスキー氏は運命を分けた場面をこう振り返った。日本の左CKのチャンスキッカーはMF本田圭佑ショートコーナーに対応しようとMF香川真司が近寄ったが、本田はすぐさまボールを蹴り込むと、GKクルトワにキャッチされてしまった。ベルギーはここからが速かった。

 クルトワからボールを受けたMFデブライネはセンターサークル付近まで快足を飛ばすと、右サイドの裏のスペースに走り込んだDFムニエに展開。ムニエが鋭いクロスゴール前に入れ、FWルカクスルーした背後でMFシャドリが左足で蹴り込んだ。この間わずか「9秒35」という、まさに電光石火の速攻だった。

 この場面、日本は数的不利だった。リトバルスキー氏はアンカー役として投入されたMF山口蛍ら守備陣にはデブライネをファウルで止めるという選択肢があったと強調。絶対に失点してはいけない場面でイエローカード覚悟の“プロフェッショナルファウル”はブラジルドイツなど強豪国なら当然のプレーセリエAなどでは相手をファウルで止めることが慣習となっている。ベルギーの速攻は追いつけないほど速かったという面はあるが、日本代表ファウルで止めるという手段を選ぶことができなかった。

マラドーナメッシに共通する「相手選手の敬意」

ファウルで相手を止める。これを教えることは簡単ではありません。ポイントは2つある。まずは状況を即座に把握する。そして、ファウルを犯す勇気を持つ。思い出してください。1986年のW杯でマラドーナイングランド戦で5人抜きゴールを決めた。彼は偉大なゴールを決めました。

 しかし、誰もマラドーナファウルをしたがらなかった。なぜなら世界最高の選手に対するリスペクトがあるから。イングランドの選手にはドイツ人やクロアチア人以上に相手選手に対する尊敬というものがある。これはお国柄であるし、伝統とも呼べるでしょう。日本も同じです」

 マラドーナの伝説の5人抜き弾が生まれた背景には、ファウルに対するためらいが存在する紳士の国、イングランドが相手だったという側面もあったと独自の視点で分析した。

 現役時代にJリーグのJEFユナイテッド市原(現ジェフ千葉)でプレーし、アビスパ福岡で監督経験もある。日本語も堪能なリトバルスキー氏。日本に対戦相手へのリスペクトという文化が浸透していることはよく理解している。

「今でいうとメッシも同じです。誰も積極的にファウルをしたがらない。世界最高の選手という認識が対戦相手にもある。日本にとってのデブライネもそうだったのかもしれない」

 マンチェスター・シティで昨季リーグ最多の17アシストを記録したデブライネ。カウンターを生み出したプレーファウルで止められなかった背景には、名手に対する「敬意」という部分も影響したとみている。

 一方でベルギーの戦い方にも、日本に対する「リスペクト」を感じる部分があったという。

ベルギーも簡単な相手ではないと警戒していた」

スーパースターが揃い、優勝候補と呼ばれるベルギーは負けられないというプレッシャーがあった。前半45分間の慎重な戦い方をみると、ベルギーからも日本に対するリスペクトを感じました。彼らは日本のセネガル戦での勇敢な戦いを目の当たりにしたからです。簡単な相手ではないと警戒していた。逆にポーランド戦の戦い方で批判を集めていた日本は失うものがなく、アグレッシブだった。ベルギーの日本へのリスペクトは、試合の前半で大きなポイントになったと思います」

 アフリカ屈指の強豪セネガル戦で2度リードされながら追いついた日本のポテンシャルを、ベルギー代表も認めていたことが見て取れたという。日本の力を尊重するからこそ、日本が前半の45分間に互角に展開でき、後半の2ゴールに繋がったと分析している。

 目まぐるしい攻防があり、今大会随一の名勝負とも言われる日本対ベルギー。90分のドラマクライマックスは「9秒35」で決したが、対峙した相手に対する「敬意」という日本らしい美徳が、紙一重の勝敗の差に影響したのかもしれない。(THE ANSWER編集部)

ピエール・リトバルスキー
ブンデスリーガ強豪ヴォルフスブルクのスカウト部長。現役時代は天才ドリブラーとして活躍。西ドイツ代表メンバーとして1990年ワールドカップイタリア大会優勝、82年スペイン大会、86年メキシコ大会ではそれぞれ準優勝に貢献している。ブンデスリーガ1FCケルンで活躍後、1993年からJリーグJEFユナイテッド市原(現J2ジェフ千葉)で、96年からブランメル仙台(現ベガルタ仙台)でそれぞれ2シーズンプレーした。監督として横浜FCアビスパ福岡、シドニーFCで指揮を執った。ドイツ語の他、英語、フランス語日本語も堪能なマルチリンガル。

カウンターからゴールを喫した日本代表【写真:Getty Images】