レアル・マドリードは10日、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユヴェントスに移籍することで合意に達したと発表した。

 C・ロナウド2009-10シーズンマンチェスター・Uからレアル・マドリードへ移籍。リーガ・エスパニョーラ優勝2回やチャンピオンズリーグ(CL)3連覇など数々のタイトル獲得に貢献。個人としても6季連続CL得点王になるなど輝かしい実績を残してきた。レアルには計9シーズン在籍し、通算438試合451得点を記録している。

BBC』など複数メディアによると移籍金は1億500ユーロ(約137億円)と報じられており、ユヴェントスとは4年契約を結ぶ模様。なお、レアルが公式声明を発表した10日時点でユヴェントス側は獲得を発表していない。

追記:ユヴェントスは10日、公式サイトC・ロナウドの獲得を正式発表。移籍金は1億ユーロ(約130億円)を2年間の分割で支払うことに合意し、2022年6月30日までの4年契約を締結した。

11日、14時25分、追記致しました。

ユヴェントスへ移籍するC・ロナウド [写真]=Getty Images