『はたらく細胞』1話上映会が、2018年7月9日ニコニコ生放送にて放送された。

 ここでは、本放送のコメントデータを抽出し、とくに盛り上がっていたシーンTOP3を紹介していく。

(画像は『はたらく細胞』公式サイトより)

『はたらく細胞』第1話盛り上がり指数TOP3

はたらく細胞』第1話上映会におけるコメント数のグラフ。

コメント盛り上がり指数
1分間あたりのコメント数からそのシーンの盛り上がり度を編集部独自に算出した数値。

1位:肺炎球菌との遭遇をなかったことに

『はたらく細胞』1話上映会より)
『はたらく細胞』1話上映会より)

 もっとも盛り上がったのは、赤血球が偶然肺炎球菌を見つけてしまうシーン①06:06~06:13)

 肺に酸素を届けようと移動していた新人の赤血球は、途中で迷子になり、近くの倉庫で道を聞こうとする。

 すると、倉庫の中には肺炎球菌が居て、地図を確認している最中だった。見ちゃいけないものを見たと判断した赤血球は、扉をそっと閉じてなかったことにし始める。

 赤血球の行動を見た視聴者そっ閉じ」「www」「なかったことにしてはダメ」などのコメントを書き込んでいた。

2位:ヘルパーT細胞のほっぺに菓子クズが

『はたらく細胞』1話上映会より)
『はたらく細胞』1話上映会より)

 2番目に盛り上がったのは、ヘルパーT細胞が放送で恥をかくシーン(①11:16~11:27)

 肺炎球菌の存在とキラーT細胞の導入を全細胞に伝えるべく、テレビのような放送を行うヘルパーT細胞。

 だが、放送終了後に部下から「ほっぺにクッキーの粉が」と指摘されて、アタフタしたまま放送を終了していた。

 ヘルパーT細胞の恥ずかしい姿に気付いた視聴者は、mjd」「やっべー」「クッキー」「はやみんなどのコメントを送っていた。

3位:血小板がロリかわいい

『はたらく細胞』1話上映会より)
『はたらく細胞』1話上映会より)

 3番目に盛り上がったのは、赤血球と白血球が、血小板と遭遇するシーン②09:44ごろ)

 肺炎球菌の目的地、肺へ向かう赤血球と白血球は道中、小さくてかわいい数多くの血小板たちの作業場を通ることに。

 見た目幼稚園児のような血小板たちのかわいらしさに対しキターーー」「うんしょ」「かわいい」「きゃわたん!きゃわたん」といったコメントが多数確認できた。

第2話は7月16日放送

2018夏アニメ関連記事―

バブみやギャップに萌える夏! 心踊らずにはいられない2018夏“萌えアニメ”6選