11日は準決勝1試合、フランスが待つファイナルに進むのは

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日、準決勝が行われ、イングランドクロアチアが対戦する。勝てば優勝した1966年以来、52年ぶりの決勝進出をかけるイングランドと、初の決勝進出を目指すクロアチアフランスが待ち構える決勝に進むのはどちらの国だろうか。

 イングランドは若きチームが、試合を重ねるごとに成熟してきたような印象。ハリーケインは得点ランクトップの6得点。スウェーデン戦で初ゴールの22歳デレ・アリとのコンビネーションの精度も上がってきた。セットプレーにも絶対の自信をもち、ここまでの11得点のうち8得点をたたき出している。得点パターンを確立しているのは、大きなアドバンテージだ。

 一方のクロアチアは決勝トーナメント1回戦、準々決勝と共にPK戦の末の勝利。2試合連続120分を戦い抜いただけに体力面での不安は否めない。中3日で迎えるこの試合までにどれだけ回復できるか。後半になれば足が動かなく可能性もあるだけに、やはり先制点が欲しい。大黒柱のルカ・モドリッチを中心に歴史を動かせるか。

準決勝での対戦となるイングランドとクロアチア【写真:Getty Images】