ロサンゼルス 10日 ロイター] - 米映画スタジオワーナー・ブラザースは10日、ロサンゼルスシンボルとされる「ハリウッドサインに到達するロープウエー「ハリウッドスカイウエー」を建設する案を明らかにした。

 この構想は、ロサンゼルスのバーバンクにあるワーナー・ブラザースの施設とハリウッドサインをわずか6分で結ぶというもの。距離は約1マイル(約1.6キロメートル)となり、設計・建設・運営・メンテナンスにかかる費用はワーナー・ブラザースが負担するとしている。

 ハリウッドサインは、小高い山「リー山」に高さ13.4メートルの白い文字が並んでいるもので、1923年に不動産開発の広告として設置された。現在は観光名所として有名だが、近くのグリフィス公園からのトレッキングを除いてはサインに近づくのは容易ではない。

 ワーナー・ブラザースは発表文書で、ロープウエーを設置すれば「交通渋滞が解消され、より安全になり、周辺地域のフラストレーションが緩和される」と説明した。

 構想はまだ初期段階で、住民、環境団体、ロサンゼルス市当局からの意見を求めているという。

7月10日、スタジオのワーナー・ブラザースは、ロサンゼルスのシンボルとされる「ハリウッド」サインに到達するロープウエー「ハリウッド・スカイウエー」を建設する案を明らかにした。写真はロサンゼルスで2017年8月撮影 - (2018年 ロイター/Mike Blake)