ヤマハ株式会社は、歌詞とメロディーを入力するだけでバーチャルシンガーによる歌声制作が楽しめるソフトウェアVOCALOID」の新バージョンである『VOCALOID5』を本日7月12日(木)より発売します。本製品はダウンロード専用商品となっており、ボーカロイド公式ショップhttps://www.vocaloid.com/)より購入できます。



<動画>

その他の動画やサンプル音声をボーカロイド公式ショップhttps://www.vocaloid.com/)にて公開しています。



<価格と発売日>
品名/価格(税抜)/同梱ボイスバンク数※1
VOCALOID5 STANDARD/25,000円/4
VOCALOID5 PREMIUM※1/40,000円/8


発売日
2018年7月12日(木)

※1 「STANDARD」にはAmyChrisKaori、Kenが、「PREMIUM」にはさらにVY1VY2CYBER DIVA II、CYBER SONGMAN IIが付属します。

パソコンが一台あればイメージにあった歌声をいつでも簡単に作り出すことを可能にする「VOCALOID」。現在、「VOCALOID」を用いて制作された楽曲は、バーチャルシンガーによる新しい音楽として高い人気を誇っています。

4年ぶりの新バージョンとなった本製品では、さらに多くのクリエイターバーチャルシンガーによる音楽を取り入れていただきたいという思いから、制作フローを大幅に刷新し、さらなる機能強化を行いました。

歌詞とメロディーをゼロから創作する従来の制作フローに加えて、大量に用意されたプリセットフレーズオーディオドラッグドロップするだけで歌のベースが出来上がる新しい製作フローを採用。また、ユーザーが細かく調整する形式だった歌唱表現の調整にも新しいフローを導入し、分かりやすくビジュアル化されたアイコンを選択するだけで、より素早くダイレクトクリエイターの感性を反映出来るようになりました。従来の歌詞やメロディーを最初から入力していく方式や歌唱表現のパラメーターを細かく調整する方式にも対応しており、ユーザーにあった好みの制作スタイルで歌声制作が行なえます。

また今回は、国境やジャンルを超えた表現をさらにサポートするために、編集ソフトに加えて、日英×男女のボイスバンク※2を同梱。その歌声品質も向上し、声の張りや息の量の微細な調節も可能となりました。

さらに、現代クリエイターの多様な制作環境を考慮し、オーディオエフェクトVST、AU(Audio Units)、外部MIDI入力にも対応。また、WindowsのみならずMacにも対応するなど、外部連携機能の強化も行いました。

「これ一本でバーチャルボーカル制作のトータルソリューションを提供する」をコンセプトに大幅な進化を遂げた歌声合成ソフトウェア―それが『VOCALOID5』です。

※2 人間の声を元に生成した声のデータベースボイスバンクを切り替えることで様々な声が利用できる。これまでの歌声ライブラリに相当。


クリエイターの感覚を素早くカタチにするトータルボーカルソリューションへ>
オーディオやフレーズを選択するだけで歌のベースが完成
「エモーションツール」が歌い方をビジュアル化
「スタイル機能」で約100種類の歌わせ方を簡単反映
「アタック&リリースエフェクト」で細かな歌唱表現を選んで再現
「11種類のオーディオエフェクト」が徹底的な作り込みをサポート

1.歌作りをドラッグドロップで―「2,000個を超えるプリセットフレーズオーディオを収録」
あらかじめ歌詞が入った調声済みのフレーズを大量に収録。試聴して気に入ったものを選んで貼り付けていくだけで歌声制作が行える新しい制作フローを導入。さらに、「Yo!」「Yeah!」といったオーディオサンプルも大量収録。ドラッグドロップで楽曲に簡単にアクセントを与えることができます。

2.好みの歌い方・声色に一発変換する新機能―「スタイル機能」
歌い方のスタイルを選ぶだけで、意図した歌い方や声色を自動的に調整する「スタイル機能」を搭載。メインボーカル風、コーラス風、さらにはロボット風まで100種類以上のスタイルを用意しました。さらにパラメーターを調整して、より細かくブラッシュアップすることも可能となっています。

3.歌唱表現の調整がより簡単に―「アタックリリースエフェクト」「エモーションツール
新機能「アタックリリースエフェクト」を使えば、自力では調整が難しかったビブラートなどの歌唱表現技法もアイコンを選んで貼り付けるだけで簡単に反映できます。また新機能「エモーションツール」では、歌い方の抑揚やスピード、音素の長さなどを、波形を見ながら簡単なマウス操作を行うだけで調整できます。

4.声の張りと息の量のコントロールで表現力アップ―「3種類の新パラメーター」
新たに追加・改良された3種類のコントロールパラメーターが登場。「Exciter」で声の張り具合を、「Air」で発音に混ぜる息の量を、そして「Breathiness」で発音に混ぜる息の量と母音の音色を調節することが可能に。合計13種類のパラメーターでよりリアルな自分好みの歌声に仕上げることが可能になりました。

5.ボーカルトラックの作り込みがこれ一本で―「11種類のオーディオエフェクトを搭載」
ボーカルトラックに効果的な11種類の実用的なオーディオエフェクトを同梱。専用ソフトウェアプラグインを別途用意する必要なく、これ一本で徹底的にボーカルトラックの作り込みが行えます。

6.待望の外部連携機能に対応。制作効率も大幅にアップ―「VST」「AU」「外部MIDI機器からの入力」
音楽制作ソフトとの連携を実現する「VST」「AU」や、MIDIキーボードによるリアルタイムレコーディングにも対応。現代のクリエイターの多様な音楽制作環境とマッチする高い連動性を実現しました。


<「男女×日英 4ボイスバンク」が付属―あらゆるジャンルに応える個性豊かな歌声を>

PREMIUM」には、さらに4つのボイスバンクが付属!
VOCALOID5 PREMIUM」には、日本語女性ボイスバンクの「VY1」、日本語男性ボイスバンクの「VY2」、英語男性ボイスバンクCYBER SONGMAN II」、英語女性ボイスバンクCYBER DIVA II」がさらに付属。合計8つのボイスバンクを使ってより幅広い歌声表現を追求できます。
<「VOCALOID3 & 4ボイスバンク互換」―お気に入りの声も『VOCALOID5』の表現力でパワーアップ
VOCALOID3」「VOCALOID4」の歌声ライブラリボイスバンクとして使用可能。『VOCALOID5』の機能をそのまま使用して、お気に入りの声でさらに豊かな表現を追求することができます。


<【特典】「VOCALOID4.5 Editor for Cubase」が付属―「Cubase」との連携をサポート
音楽制作用ソフトウェアとして世界中で幅広く使用されているSteinberg社のDAWソフトCubase」に「VOCALOID」の機能を組み込める「VOCALOID4.5 Editor for Cubase」が特典として付属。「VOCALOID4 Editor for Cubase」の GUIおよび操作性はそのままで、『VOCALOID5』のボイスバンクを使用できます。

※ 「VOCALOID4」相当の編集機能で『VOCALODI5』の全てのボイスバンクをご利用いただけます。『VOCALOID5』より追加された機能は利用できません。今後リリースされる新OS、新Cubase環境はサポート対象外です。


<『VOCALOID5バージョンアップグレード版も用意>
VOCALOID3 Editor(SE)」「VOCALOID4 Editor」「VOCALOID Editor for CubaseNEO)」「VOCALOID4 Editor for Cubase」の購入者を対象としたお得な「VOCALOID5バージョンアップグレード版」も用意しました。

品名/価格(税抜)
VOCALOID5 STANDARDバージョンアップグレード版/15,000円
VOCALOID5 PREMIUMバージョンアップグレード版/24,000円

発売日
2018年7月12日(木)


<『VOCALOID5』動作環境>
対応OS:
Windows : Windows 7, Windows 8.1, Windows 10 (全て64-bit のみ。最新のWindows Updateが適用されていること。)
Mac : OS X 10.11(El Capitan), macOS 10.12 (Sierra), macOS 10.13 (High Sierra
(全て64-bit のみ)

CPU
Intel マルチコアプロセッサー

メモリー
8 GB 以上 推奨 (最低 4 GB)

ディスク空き容量:
STANDARD : 20 GB 以上 / PREMIUM : 35 GB 以上

モニターサイズ
推奨環境 : 1920 × 1080ピクセル (最低動作環境 : 1366 × 768ピクセル)

その他必要な環境:
オーディオデバイスインターネット接続環境(認証、認証解除、ソフトウェアアップデートなど)


<「VOCALOID」について>
2003年の発表以来、約15年に渡って進化を続けてきた、ヤマハが誇る歌声合成技術およびその応用ソフトウェアパソコンスマートフォンがあれば、好きな歌詞、好きなメロディー、好きな声、好きな歌い方で歌ってくれるバーチャルボーカリストがあなたの制作環境に加わります。ピアノロールに歌詞をダイレクトに入力できる直感的なインターフェースと多様な歌声調整パラメーターがクリエイターのインスピレーションをすぐにカタチにします。「ボイスバンク」と呼ばれる実際の人間の声をもとに生成された声のデータベースを切り替えることで、男女様々な声を使用することもできます。



VOCALOID ( ボーカロイドボカロ ) 公式サイト
https://www.vocaloid.com/
ヤマハ 企業情報サイト/ニュースリリース
https://www.yamaha.com/ja/news_release/


※「VOCALOIDボーカロイド)」および「ボカロ」は、ヤマハ株式会社の登録商標です。
※その他の文中の商品名、社名等は当社や各社の商標または登録商標です。
※このニュースリリースに掲載されている情報などは、発表日現在の情報です。
 発表日以降に変更される場合もありますので、あらかじめご了承ください。

配信元企業:ヤマハ株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ