富士フイルム株式会社(社長:助野 健児)は、日本で「“PHOTO IS”想いをつなぐ。50,000人の写真展」と題して開催している参加型写真展を、本年度より海外でも「FUJIFILM Global Photo Exhibition」として本格展開いたします。本年度はドイツ(9月)、アメリカ(10月)、マレーシア(10月)、カナダ11月)、タイ(2019年2月)で開催します。各地の応募作品を合わせると、ワールドワイドで合計約10万人の写真を展示することとなります。

 大切なものや、愛するものの貴重な思い出、絆、輝かしい瞬間などを写真に残すことは人間にとって大切な文化です。当社はそのような写真を撮る喜び、プリントして飾る楽しさを多くの方に感じていただくため、通常のフォトコンテストとは異なり応募者全員の作品が“その写真に込められた出展者の想い”とともに展示される、参加型写真展を2006年から日本で開催してきました。「10,000人の写真展」としてスタートした本写真展は、出展者と来場者が写真を通じてコミュニケーションすることができ、年々出展者も増加し、昨年から「50,000人の写真展」に規模を拡大して開催しています。来場者からは「写真から想いや愛情が伝わってきた」「元気をもらった」などご好評をいただいており、昨年は日本全国36会場で合計120万人を超える方にご覧いただきました。

 また、昨年は同コンセプトの写真展を海外で初めてマレーシアで開催し、5,530点の作品が集まりました、会場に来場された多くの方が足を止めて作品を鑑賞するなど、ご好評をいただきました。

 これを受け本年度はさらに開催国を拡大し、「写真を撮る喜び、プリントして飾る楽しさ、写真で残す大切さ」をワールドワイドで発信していきます。

  <日本での展示風景>                  <日本での応募作品>


2018年度開催予定】
富士フイルムは、本写真展を通じて「写真の力」を世界の皆さまに感じていただき、「写真文化」を守ると共に、多様なお客様にお応えする商品・サービスをご提供してまいります。

配信元企業:富士フイルム株式会社

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ