総務省2018年7月11日発表した「住民基本台帳に基づく人口、人口動態及び世帯数」(1月1日時点)によると、日本人住民の人口は1億2520万9603人だった。前年より37万4055人減り(マイナス0.3%)、1968年の調査開始以降、最大の減少数となった。マイナスは9年連続。

一方、外国人住民の人口は2497656人で、前年より17万4228人の増加(プラス7.5%)と、高い伸びを示した。