DCコミックスバットマンシリーズに登場するバットマンの宿敵ジョーカーの誕生秘話を描く単独映画。製作・配給の米ワーナー・ブラザースが、俳優のホアキン・フェニックスの主演を正式に発表したという。The Hollywood Reporterやcomingsoon.netなどの海外メディアが報じた。

【写真】“ジョーカー”役ヒース・レジャーの遺作となった『ダークナイト』フォトギャラリー

 全米公開予定日やタイトルは未定だが、今秋9月にニューヨークで撮影が始まるという。映画『ハングオーバーシリーズのトッド・フィリップス監督がメガホンを取り、映画『ザ・ファイター』のスコット・シルヴァーと脚本を共同執筆した。

 製作費は5500万ドル(約61億7650万円)となり、この手の作品の予算としては通常より若干少なめ。ジョーカーがいかにして誕生したのか、これまで語られてこなかったストーリー明らかになるとのことで、犯罪ドラマのように作品のトーンや内容はダークになるという。

 ワーナー・ブラザースは並行して映画『スーサイド・スクワッド』に登場するジョーカーの単独映画も計画しているという。同作は俳優のジャレッド・レトが引き続き、ジョーカーを演じる。

 早ければ9月に撮影が始まるとのことで、他のキャラクターキャストなど、さらなる続報に期待したい。 

『バットマン』シリーズのジョーカーを演じるホアキン・フェニックス(C) AFLO