7月11日に放送された「あいつ今何してる?」(テレビ朝日系)に、女優の秋吉久美子と永井大ゲスト出演。秋吉の学生時代のモテエピソードが語られた。

【写真を見る】日本を代表する女優の一人として海外でも評価される秋吉久美子

秋吉は、日本アカデミー賞優秀主演女優賞、さらに国際映画祭でも女優賞を獲得するなど、日本を代表する女優でありながら、自由奔放な生き方や独特な発言で世間をにぎわせてきた。

そんな秋吉は、福島・いわき市出身。中学校時代の同級生であり、現在はイラストレーターの伊佐治さんに好かれていたという。

「伊佐治くんが私のこと好きだったのね。すごいアーティスト肌なの。絵がめちゃくちゃうまかったの。アーティスト肌だからみんなに言っちゃうわけ。こっそり自分の胸にしまわず。だから、学年で有名だったの。『伊佐治は小野寺(秋吉)が好きなんだ』って」と秋吉は当時を振り返った。

すると、秋吉のVTRを見た伊佐治さんは「大好きだもん」と堂々と認め、「今だって好きだよ」と現在進行形だと言い、「憧れだな。憧れって単語が初めての人」と語った。

同じく同級生であり当時、秋吉が恋していた広重さんは、秋吉に対し「モテる子なんで、(彼女のことを好きな男子が)無数にいましたよ。公然と口にするのは伊佐治くらいだったけど」と証言。

また当時、秋吉のことを好きな気持ちがあったか聞かれた広重さんは「正直言ってないです。幼友達ということで、友達付き合いはあった」と恋愛感情は否定した。

秋吉は当時彼氏がいたのかという質問に対し、伊佐治さんと広重さんは「たぶんもてあそんでいたんだと思う。一緒に歩いて吹聴しているやつもいた。高校時代もそうだった。街で有名な人ですから。自慢の糧」と、秋吉が地元の学生みんなの憧れの的であったことを回想していた。

次回の「あいつ今何してる?」は、7月18日(水)夜7時より放送予定。(ザテレビジョン

秋吉久美子が「あいつ今何してる?」に登場