俳優の吉沢亮が、女優の森川葵、小林勇貴監督と12日に都内で開催されたドラマ24『GIVER 復讐の贈与者』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)の記者会見に出席。吉沢は「すごく挑戦的で、なかなか観たことないドラマ。これを観た人がどう思うのか、すごく楽しみでしょうがないです」と笑顔を見せた。

【写真】ドラマ24『GIVER 復讐の贈与者』記者会見フォトギャラリー

 原作は、ベストセラー作家たちも絶賛する日野草の『GIVER 復讐の贈与者』シリーズ角川文庫)。復讐をテーマに、復讐する側、復讐される側の人間模様を巧みに描きながら毎回驚きのラストを迎える新感覚のリベンジミステリーだ。

 『勇者ヨシヒコシリーズなど挑戦的な作品を生み出してきた「ドラマ24」枠で放送されるが、吉沢は「“ヨシヒコ”が大好きだったので、ヨシヒコの枠で主演かぁ。俺すげ~なって思って。すごくうれしかったです」とニンマリ。

 今回、メインの小林監督をはじめ、新進気鋭の監督陣によって映像化されるが、現場でのエピソードを聞かれ、吉沢は「3人の監督がそれぞれ演出の仕方が違うので、戸惑うけど楽しい」と明かし、「1話を2、3日で撮影するので、セリフを覚えるのがめちゃめちゃ大変」と撮影のスピード感に困惑していることも告白。森川はクランクインが誕生日の翌日で、吉沢がサプライズでお祝いしてくれたといい、「うれしかったです。けど、吉沢さんはケーキも一緒に食べられずに次の現場に行っちゃいました」と吉沢の多忙ぶりを明かしていた。

 吉沢と森川は2度目の共演になるが、森川が「前回は全くしゃべらなかったんですけど、今回久々に会って話しやすくなっていて。明るくなったかも?」と吉沢の印象を明かすと、吉沢は苦笑いしつつも「その時は闇を抱えていたかもしれないです」と返し、会場の笑いを誘っていた。

 さらにテーマの“復讐代行”にちなみ、「誰かにこれを代わってほしいものは?」という質問も。吉沢は「全部やってほしい。漫画だけ読んで生きていたい」と話し、森川は「吉沢亮になりたい人はいっぱいいると思いますよ」とフォロー。また、小林監督も「一緒に撮影しようよ」と悲しそうな顔で声をかけると、吉沢は「『GIVER』だけやります!」と笑顔で返していた。

 ドラマ24『GIVER 復讐の贈与者』は、テレビ東京系にて7月13日より毎週金曜24時12分放送(初回は24時17分スタート)。

ドラマ24『GIVER 復讐の贈与者』記者会見に登場した吉沢亮 クランクイン!