映画『マガディーラ 勇者転生』が、8月31日から東京・新宿ピカデリー、大阪・なんばパークスシネマほか全国で順次公開される。

『バーフバリ』2部作のS・S・ラージャマウリが監督・脚本を務めた同作は、2009年に製作された作品。当時のテルグ語映画史上最高の4億ルピーを投じて製作され、本国では1000日を超えるロングラン上映を記録したという。

主人公は姫と愛し合いながらも、非業の死を遂げた近衛軍の伝説的戦士バイラヴァ。400年後の現代にバイクレーサーの青年ハルシャに生まれ変わったバイラヴァは、姫の生まれ変わりと再会を果たすが、自身を死に追いやった軍司令官ラナデーヴの生まれ変わりが悪逆非道な罠を仕掛けてくるというあらすじだ。時を超えた運命の恋と戦いを描く。

主演を務めたのは、南インド映画界のスターであるチランジーヴィの息子ラームチャラン。ヒロインをカージャル・アグルワールが演じるほか、スニール、サラット・バーブらが出演している。スタッフ陣はS・S・ラージャマウリをはじめ、『バーフバリ』2部作のチームが務めている。4月に来日したS・S・ラージャマウリは日本での『バーフバリ』の盛り上がりに感動し、自身の代表作『マガディーラ 勇者転生』の日本上映を熱望。今回は帰国後に自ら再編集を行なったディレクターカット国際版が上映される。原題は『MAGADHEERA』。

『マガディーラ 勇者転生』ビジュアル ©GEETHA ARTS, ALL RIGHTS RESERVED.