平成30年7月豪雨」により運転を見合わせている鉄道各線区の再開見込み一覧です。

「1か月以上」「未定」の線区も多数

平成30年7月豪雨」により、北海道から九州にかけての広い範囲で、鉄道路線にも被害が発生しました。事業者別各線区の運転再開見込みは次のとおりです(7月12日19時現在)。

JR北海道
函館本線 然別~倶知安:13日(金)11時ごろ

JR東海
高山本線 飛騨金山~下呂:未定
高山本線 飛騨古川~猪谷:未定

JR西日本
山陽本線 笠岡~福山:14日(土)
山陽本線 福山~三原:18日(水)
山陽本線 三原~海田市:1か月以上
山陽本線 岩国~柳井:1か月以内
山陽本線 柳井~徳山:1か月以上
山陰本線 益田~東萩:1か月以内
舞鶴線 綾部~東舞鶴(全線):早くても20日(金)以降【バス】
姫新線 上月~新見:1か月以上
因美線 用瀬~智頭:1か月以内【バス】
因美線 智頭~津山:1か月以上
津山線 津山~野々口:17日(火)
津山線 野々口~牧山:1か月以上【岡山~金川間で直行代行バス予定】
津山線 牧山~玉柏:1か月以内
津山線 玉柏~岡山:17日(火)
伯備線 総社~豪渓:13日(金)
伯備線 豪渓~上石見:1か月以上【バス検討】
福塩線 福山~神辺:1か月以内
福塩線 府中~塩町:1か月以上
芸備線 備中神代~下深川:1か月以上
芸備線 下深川~広島:1か月以内
・呉線 三原~海田市(全線):1か月以上
岩徳線 岩国~櫛ケ浜(全線):1か月以上
木次線 出雲横田~備後落合:1か月以上

JR四国
予讃線 本山~観音寺:早くても1か月後【バス】
予讃線 伊予市~下灘~伊予大洲:早くても2か月後
予讃線内子線 向井原~伊予大洲~八幡浜:早くても10日後
予讃線 八幡浜~卯之町:早くても1か月後
予讃線 卯之町~宇和島:相当な期間
予土線 若井~北宇和島:早くても2か月後

JR九州
筑豊本線 桂川~原田:未定【バス】
肥薩線 八代~人吉:19日(木)以降【バス】

長良川鉄道
越美南線 美濃市~北濃:未定【バス】

京都丹後鉄道
宮福線:13日(金)午前中の再開目指す
宮舞線:未定【バス】

井原鉄道
井原線 清音~三谷:未定

錦川鉄道
錦川清流線 川西~錦町(全線):約1か月

平成筑豊鉄道
田川線 田川伊田~崎山:未定【田川伊田~犀川間でバス】
門司港レトロ観光線 九州鉄道記念館~関門海峡めかり:未定

「【バス】」はバス代行輸送が実施されていることを示します。

智頭急行では、特急「スーパーはくと」が14日(土)から京都~智頭間で運転を再開する予定です。智頭~鳥取間はバス代行輸送が実施されます。なお、普通列車は通常どおり運行されています。

盛土が流出した山陽本線の本郷~河内間。2018年7月7日撮影(画像:JR西日本)。