株式会社ワクテクが平成30年7月豪雨で被災した西日本の地域の女性を対象に、女性専用オンラインヨガ「SOELU(ソエル)」にて、ライブ動画によるレッスンを無料で開放します。

「ママ&キッズ」の運動プログラムも提供し、避難所からの大画面でのレッスン要請も受け付けるそうです。

ヨガが被災者の心と体のケアに

きっかけは7月9日ライブレッスンで、被災した広島県在住の会員女性から「先生のヨガレッスンで心を救われた」と感謝の言葉をもらったと、在籍インストクターから報告が入ったこと。

オンラインサービスを提供する同社では、物資での支援ができないと考えていたところ、オンラインフィットネスサービスだからこそできる支援方法があると考えたそうです。

被災地の不安な環境にいる女性や、小さいお子さん、一緒にいるお母さんたちが笑顔でいる時間を少しでも増やし、被災者の心身のケアでつながればとヨガレッスンの無償開放を実施するといいます。

ライブ動画レッスン風景(イメージ動画)

エコノミークラス症候群防止に

災害における避難生活では、狭いスペースに長時間いることによるエコノミークラス症候群が、たびたび問題になります。

同社は避難所などでプロジェクタースクリーンを利用して、大画面でヨガレッスンを提供したいという自治体の関係者も気軽に相談してほしいとしています。

画面越しにインストクターとの交流や運動プログラムに参加することで、少しでも心と体のリフレッシュの時間を提供したいとしています。

【参加条件】
・西日本豪雨の被災地域の女性であれば、どなたでも参加できます(子供連れ可)
スマホタブレットもしくはPCとネット環境が必要です
・無料ビデオチャットアプリzoom」の事前ダウンロードが必要です
ダウンロード方法はSNS公式アカウントLINE@Facebook)にて説明しています

避難所でのエコノミークラス症候群を防ぎたい…西日本豪雨の被災地に「ヨガの動画」を無料配信へ