オリジナルテレビアニメ「天狼 Sirius the Jaeger」のインターナショナルプレミアが、アメリカロサンゼルスにて去る7月5日から8日まで開催された「Anime Expo 2018」の3日目に行われた。

【大きな画像をもっと見る】

約800席の会場が満席となった本イベント。急遽ゲスト登壇が決定したP.A.WORKS代表の堀川憲司氏が呼び込まれトークパートスタートする。配信作品の増加により、世界に向けた内容のアニメ作品が増えたと語る堀川氏は、本作について「安藤監督の力をお借りして、若いスタッフの描きたかった作品を世界に向けて発信する作品だと思っています」とコメント

また本作で監督を務める安藤真裕の印象を「安藤監督は、アクションシーン定評のあるアニメーターで、若いアニメーターからすごく尊敬されています。その彼が監督をする作品にはいつも、彼に自分の才能を認められたい、学びたいという意欲のある若いスタッフが集結します」と回答。続けて「彼が、今回『天狼 Sirius the Jaeger』で求める高いクオリティアクションに、僕らがどれだけ応えられるかといった挑戦の作品になっています」と、熱い思いを述べた。

堀川氏は上映前の最後の挨拶で「(作品を)観てもらえれば、高いクオリティで作品と向き合っていることがわかるかと思います。また、もうひとつ、『現代のヒーロー像とは?』という難しいテーマを追求しながら作っているので、最終話まで楽しみにしていただければ」と本作をアピールし降壇した。続いて、ユーリィ役の上村祐翔から、来場したファンへのビデオレターが上映される。上村は作品の見どころを「迫力のあるシーンはもちろん、狩人とヴァンパイアの駆け引きも楽しみにしてほしい」と話し、自身の演じるユーリィについては「感情表現があまり得意ではない彼が、魅力ある登場人物たちと出会うことによってどのように変化するのか注目をしてほしい」とメッセージを送った。

最後に、本作の音楽プロデュースを務めるワーナーブラザージャパンの土肥プロデューサーが登壇。横山克による劇伴や、岸田教団&THE明星ロケッツの歌唱するオープニングテーマの魅力とともに、本作のエンディングテーマデビューとなる sajou no hana(サジョウノハナ)を北米のアニメファンに向けて紹介した。

トークセッション後の本編の上映では、アクションシーンで歓声があがったほか、シーンによっては涙ぐむ観客の姿も。本作を見終えた観客から自然と拍手が起こる中、イベントは幕を閉じた。

(c)Project SIRIUS/「天狼 Sirius the Jaeger製作委員会

「天狼 Sirius the Jaeger」のインターナショナルプレミアの様子。