お笑いコンビ・ピースの綾部祐二が、大塚製薬の大豆バー「SOYJOY」のプロモーション動画「#次の自分へ」に出演。世界初?となる綾部のニューヨーク生活に密着し、その暮らしぶりが明らかになる。

【写真を見る】英語はあまり話せないが、カフェ店員との会話を楽しむ綾部祐二

ハリウッドスターになることを夢見て、2017年10月に渡米した綾部。

「次へ進む人を、応援したい。」という「SOYJOY」のプロモーションメッセージにぴったりであることから、今回の起用となった。

7月13日(金)より公開された動画は、「AYABE×NEW YORK」、「AYABCHALLENGE」の2本。

どのように生活しているのか、今どのような気持ちでいるのかなど、綾部が夢に向かって進んでいる姿が収められている。

また、この動画の公開を記念し、綾部のインタビューを収めた動画もWEB限定で公開中。

上達していないと話題になっている英語については現在も奮闘中で、「本当に会ったことないです、俺より英語ができない状態で来たっていう人」と明かしつつ、「それぐらい中学・高校と英語の勉強をサボってしまったので、人の倍…5倍10倍かかるなと思います。改めて40歳で、もうひとつ違う言語を習うって自分が思っていた1000倍ぐらい大変です」とコメント

その他、撮影中のエピソードニューヨークで一番印象的だったことなど、ここでしか聞けない話を語っている。(ザテレビジョン

ピース・綾部祐二のNY生活に世界初?密着