俳優の大泉洋が、ドクター・スースの人気絵本をアニメーション映画化する『グリンチ』(12月14日公開)日本語吹替え版で、初のハリウッド映画吹替えを務めることが決定した。

 『ミニオンズ』『SING/シング』などのイルミネーション・エンターテインメントによる本作。アメリカではサンタクロースに並ぶクリスマスの代名詞でもあるグリンチは、全身緑の体がトレードマーク。小さい頃は純粋でかわいらしかったのに、大人になると常に不機嫌で村人たちに意地悪を働くひねくれ者に変貌してしまった……というキャラクターだ。オリジナル版の声を、テレビドラマSHERLOCKシャーロック)」や映画『ドクター・ストレンジ』などのベネディクトカンバーバッチが担当している。

 日本語吹替え版予告編では、グリンチの意地悪の数々が収められており、お店で棚からモノを落として「フフフ……」とほくそ笑んだり、愛犬マックスを相手にしたチェスではズルをして勝ったり……。そして大嫌いなクリスマスが訪れようとすると、「クリスマスを盗む大作戦」を始めようとするものの、トナカイを呼ぼうとしたら代わりにヤギが来たり、ようやく捕まえたかと思えば木に激突……とドジっぷりを発揮。大泉の声が、意地悪だけど不器用でニクめないキャラクターに見事にハマっている。

 幅広い演技力を持つ大泉は、声優としての経験も豊富。『千と千尋の神隠し』(番台蛙)、『猫の恩返し』(高校教師)、『ハウルの動く城』(かかしのカブ)などスタジオジブリ作品のほか、細田守監督の『バケモノの子』では猿顔のバケモノ多々良、大ヒットゲームシリーズ劇場版『映画 レイトン教授と永遠の歌姫』では主人公レイトン教授に。今年3月に公開された『映画ドラえもん のび太の宝島』では海賊船の船長、キャプテンシルバーを担当していた。

 なお、大泉はグリンチの声優決定に愛嬌たっぷりのコメントを寄せている。「今回僕が演じるグリンチは、人の幸せが大嫌いでいじわるばかりしている“超ひねくれ者”です。そんなグリンチキャラクターにぴったりということでオファーを頂いたそうなのですが、“正直でピュア大泉洋”としましては、『なぜだろう?』と不思議に感じております! でもこれがまた憎めない部分もある本当にユニークキャラクターなので楽しんで演じ切りたいと思います!」(編集部・石井百合子

映画『グリンチ』は12月14日より全国公開

大泉洋がひねくれ者のグリンチに! - (C)UNIVERSAL PICTURES