チェルシーを率いるアントニオ・コンテ監督の退任が決定的となったようだ。後任には、2017-18シーズンまでナポリの指揮を執っていたマウリツィオ・サッリ氏が就くとみられている。イギリスメディアスカイスポーツ』が12日に報じた。

 以前から各メディアで報じられてきたコンテ監督の退任とサッリ氏の就任が、ついに近日中にも発表される見通しとなった。報道によると、ナポリのアウレリオ・デ・ラウレンティス会長が11日に「サッリはまもなくチェルシーの新監督になる。双方(ナポリとサッリ氏)の弁護士が今、全て(の手続き)を完了するために話し合いをしている」とコメント。就任へ向けた準備が着々と進行していることが明かされた。

 また、2016-17シーズンまでチェルシープレーした元イングランド代表DFジョン・テリーは自身のインスタグラムを更新し、コンテ監督とのツーショットを掲載。「ありがとう、ボス。素晴らしい男で、素晴らしい監督だ。これからの成功を祈るよ」と記し、正式発表前なら、指揮官の退任を示唆する投稿をしている。

 コンテ監督は2016年夏にチェルシー指揮官に就任した。1年目の2016-17シーズンプレミアリーグ制覇を果たしたが、2017-18シーズンは安定した戦いを披露することができず、5位フィニッシュ。FAカップは制したものの、チャンピオンズリーグ(CL)出場権獲得に失敗した

 一方、サッリ氏は2015年夏のナポリ指揮官就任以来、2015-16シーズンセリエAで2位、2016-17シーズンは3位、そして2017-18シーズンも2位と3シーズン連続で好成績を記録した。しかし、ナポリ5月23日カルロアンチロッティ氏の新監督就任を発表。サッリ氏との契約を残した状態で指揮官交代を決定していた。

チェルシーを率いるコンテ監督(左)と後任の有力候補サッリ氏(右) [写真]=Getty Images