青森県の田舎館村が村起こしの一環で始めた「田んぼアート」は今では全国に広まり、毎年さまざまなデザイン田んぼアートが披露されていますが、今年も田舎館村の田んぼアートが見頃を迎えました。

今年の田舎館村の田んぼアートテーマは「ローマの休日」と「手塚治虫キャラクター」。”田んぼアートの村”の名に相応しい、他の田んぼの追随を許さない高クオリティなアート作品に仕上がっています!

なんですかこの超越した作品は(笑)クオリティ高すぎて口ぽかーんしちゃうほど素晴らしい作品に仕上がっちゃってます。グレゴリー・ペックとオードリー・ヘプバーンの表情もしっかりと描かれていますし、服のシワの寄り方やシルエットなどの細かい部分もちゃんと表現しています。

そしてこちらが「手塚治虫キャラクター

こちらも完璧。田んぼアートを知らない海外の人が見たら、まさかこれが稲だけで描かれているとは想像つかないでしょうね。

田んぼアートの観覧はすでに始まっていますので、お近くの人は実際にクオリティの高さを間近で実感してみてはいかがでしょうか?夏休み期間中も公開されているので、青森へ観光に行く方は田んぼアートも観光コースに加えてみては?

 
関連画像