ユヴェントスへの完全移籍が決まったポルトガル人DFジョアン・カンセロが、13日に加入会見に臨んだ。背番号「20」のユニフォームを披露し、抱負を語っている。

 現在24歳のカンセロは、2017-18シーズンバレンシアからレンタル移籍で加入したインテルプレーセリエAでは26試合に出場した。インテルとの契約では完全移籍のオプションが盛り込まれ、移籍金は3800万ユーロ(約48億4000万円)に設定されていたが、行使されないことが決定。ユヴェントスが獲得に成功した。

 カンセロは加入会見にて「自分がここに来た目的は、セリエAやコッパ・イタリアをはじめとするタイトルを獲得することだ。チャンピオンズリーグももちろん、目的の一つだけど、他のトップクラブが優勝を目指してハードワークする大会だから(優勝は)義務ではないね。とはいえもちろん、非常に重要なターゲットだよ」とコメント。「個人的なレベルでは、ユヴェントスのようなビッグクラブで良いプレーをすることで、ポルトガル代表でのチャンスを増やしたいと思っている」と続けた。

 なおカンセロの移籍金は4040万ユーロ(約51億5000万円)で、契約期間は2023年6月30日までの5年間となっている。

ユヴェントスに加入したカンセロ [写真]=Juventus FC/Getty Images