Omnicharge Inc.(本社:米国 カリフォルニア州、Founder & CEO:ジェイソンウォン)は、シネックスインフォテック株式会社(本社:東京、代表取締役社長&CEO:ティージェイ・トロージャン)と販売代理店契約を締結し、万能モバイルバッテリー「Omnicharge(オムニチャージ)」3製品の量販店での販売を、2018年7月20日(金)より開始します。

 「Omnicharge」は、モバイルプロフェッショナルの方々のニーズから生まれた様々な入出力端子を備えた業界最高水準の高出力モバイルバッテリーで、モデルごとにUSB-A出力・AC出力・DC入出力・USB-C入出力機能を兼ね備え、ニーズに応じた選択が可能です。本体1台で様々なデバイスに給電できるため、コンセントを探す手間を省き、充電切れの不安を感じることなく様々な場所での作業を実現します。
 またカメラ本体やストロボモニターなど多数の機材を必要とするプロカメラマンなど、プロフェッショナルな現場では勿論、野外キャンプや野外フェス、サバイバルゲームなど幅広いシーンでも活用できます。
 Omnicharge Inc.は、この度の量販店(ヨドバシカメラビックカメラ等)での販売を皮切りに、日本での本格展開を開始し、今後幅広い商品を展開します。

■「Omnicharge」特徴
ポイント1.業界最高水準の高出力】
本体には、2つの高速充電USBポートと、モデルごとにUSB-A出力・AC出力・DC入出力・USB-C入出力機能を備え、最大で100Wの出力が可能です。
本体を充電しながら、各デバイスへの給電を行うパススルー充電も可能で、ノートパソコン携帯電話タブレットカメラドローンをはじめ、ほぼ全ての小型家電への給電ができます(※1)。
また変圧器となるコネクターも付属しているため、海外でも使用できます。

(※1)大容量モデル「Omni20」では、高品質の20,400mAhバッテリーなので、スマートフォンは最大9回、タブレットは最大8回、デジタル一眼レフカメラは最大6回など、様々なデバイスに対し常に電源供給が可能です。

ポイント2.あらゆる充電デバイスで本体の再充電が可能】
Omnicharge専用の充電器を持ち歩く必要はなく、AC/DCアダプターやUSB、ソーラー電源、車の電源ポートなど、すでにお持ちの一般的に使用されている充電デバイスで本体の再充電が可能です。

ポイント3.11層の特許取得済電力系統保護システムによるオーバーヒート防止】
接続されているデバイスを瞬時に認識して、最適な電源出力を自動で調整。特許を取得した11層の電力系統保護システムにより、温度が高すぎる場合や、デバイスが適切な電圧で充電されていない場合は、本体が自動的に接続を切断し、過充電による損傷からデバイスを守ります。
■「Omnicharge」概要
取り扱い開始日:2018年7月20日(金)
取り扱い店舗:ヨドバシカメラビックカメラ(順次拡大予定)

<取り扱い商品>

Omnicharge Omni13

Omnicharge Omni20

Omnicharge Omni20 USB-C


■Omnicharge Inc.について
Omnicharge は、2016年2月に現CEOであるジェイソンウォンが設立し、Fortune500社の大手企業、政府、教育機関向けにモバイルバッテリー及びサービスを提供。70カ国以上に出荷、顧客数は27,000以上にのぼります。 InstagramFacebookおよびTwitterで最新情報を提供しています。

HP:http://www.omnicharge.co/jp/
Facebookhttps://www.facebook.com/omnicharge/
Twitterhttps://twitter.com/omni_charge
Instagramhttps://www.instagram.com/omnicharge/

■シネックスインフォテック株式会社について
ネックスインフォテック株式会社は、米国にて1980年に創立され2017年度には連結売上高170億ドルを計上し、全世界26ヵ国で110,000人以上の従業員が勤務する、IT製品を中心としたディストリビューションビジネスプロセスサービスを提供するSYNNEX Corporationの日本法人です。国内で最初の外資系ITディストリビュータとしてITのトレンドをいち早く取込み「新しい商材で新しいビジネスを切り開く」という販売店の皆様の課題解決に貢献いたします。

配信元企業:Omnicharge Inc.

企業プレスリリース詳細へ

PR TIMESトップへ