隠れキリシタン関連遺産、世界文化遺産に

厳しいキリスト教取り締まりが行われた時代を生き延びた、長崎と天草地方の「隠れキリシタン関連遺産」が、2018年7月に世界文化遺産に登録されました。「日本のキリシタン」と言えば、この地方が今後も注目されていくことは間違いないでしょう。

しかし日本のキリシタンと言えば、忘れてはならない人が1人います。その人は、明智光秀の娘としてこの世に誕生した、後の細川ガラシャ夫人です。

「本能寺の変」を機に「逆臣の娘」に!明智光秀の娘・玉(後のガラシャ)

細川ガラシャは、元禄6(1563)年に明智玉(たま。玉子/珠/珠子とも)として、明智光秀の3女(4女との説もあり)として誕生しました。この時代の日本史を学校で学んだ読者の皆さんなら、「明智光秀の娘」と聞いただけで、彼女のその後の数奇な運命を想像せずにはいられないのではないでしょうか。

果たしてその通り、彼女の父の光秀が本能寺で主君・織田信長を討ったことで、彼女の運命は大きく変わります。

15歳細川藤孝の嫡男・忠興と結婚した玉でしたが、この事件を機に「逆臣の娘」となり、それにより狙われるのを防ぐため、夫によって京都の味野(現在の京丹後市弥栄町)に幽閉されることとなります。
天正12(1584)年3月に細川家に戻されましたが、近親者とも自由に伝言のやり取りすらできない厳しい監視下に置かれました。

そんな玉がキリスト教に興味を持ったきっかけは、忠興が後にキリスト教の福者に列せられるユスト高山右近から聞いたキリスト教の話を、彼女に聞かせたことでした。密かに教会へ足を運んだ玉でしたが、その場で洗礼を受ける事はできず、細川家の迎えの者に連れ戻されます。

しかし秀吉によりバテレン追放令が出された事実を知ると、彼女は大阪に滞在中の神父の計らいで、先に洗礼を受けていた侍女から屋敷内で洗礼を受けたのでした。
このときに受けた洗礼名がガラシャ。現代なら「グラッツィア」と表記されます。

その後の苦難と死

受洗後も、ガラシャには厳しい日々が続きました。ガラシャが洗礼を受けてキリシタンとなった事を知った忠興は、怒って妻に教えを捨てる事を迫りましたが、彼女は受け入れませんでした。

忠興は妻の信仰を黙認しますが、その後側室を持つなど、ガラシャにつらい仕打ちをするようになります。
彼女は離婚を望みましたが、宣教師から思いとどまるようにと説得されます。カトリックでは現在に至るまで、正当な理由のない離婚は認められていないのです。

慶長5(1600)年、忠興が会津の上杉景勝の征伐のために徳川家康に従い出陣した留守中、西軍の石田三成が細川家を兵に囲ませ、ガラシャを人質に取ろうとします。三成が諸大名を西軍の味方につけて家康に対抗するため、大名の妻子を人質に取り寝返らせる作戦に出たのでした。

忠興は出陣前「もし自分の留守中に危険が生じ、妻の名誉が損なわれる事態となった場合、全員切腹するように」と言い残していました。しかし、キリスト教を信仰しているガラシャには自ら命を絶つ事は許されません。

そこで彼女は、屋敷内の女性たちを全員外へ出した後に家老を呼び、彼に介錯させて命を絶ったのでした。

ガラシャのこの壮絶な決断は石田方に大きな衝撃を与え、「妻子を人質に取って西軍に寝返らせる」という作戦は失敗します。このことは、後の関ヶ原の戦いにも影響を与えたと言われます。

関連画像