男が路上で「テレビに映らないか」と子供に声をかけたという不審者事案は、テレビ局による本当の取材だったことが判明しました――

新潟県上越市が2018年7月12日に発信した不審者情報が、インターネット上で注目を集めている。いったい、どういう経緯でこんな「誤解」が生じてしまったのか。J-CASTニュースが市を取材すると...。

「不審者事案の発生についてお知らせします」

上越市は11日夕、市民向けの防犯・災害情報メールで「不審者事案の発生についてお知らせします」と告知。市立大潟小学校区内の路上で、

「(子供が)男から『テレビに映らないか』と声をかけられるという事案が発生しました」

と伝えたのだ。

男の特徴については、年齢30~40代で、服装は黒のTシャツにジーパン。眼鏡をかけ、手には小型のビデオカメラを持っていたと紹介。その上で、「登下校時や子どもだけで遊んでいるときには地域のみなさんの見守りをお願いします」と注意を呼び掛けていた。

だがその翌日。上越市は12日昼に、「不審者情報(続報)」と題したメールを配信。「不審者事案の行為者の判明についてお知らせします」として、

「昨日配信した、『大潟町小学校区内のコンビニ前の路上で「テレビに映らないか」と声をかけられた事案』は、実際にテレビ局の取材であったことが判明しました」

と改めて情報を発信したのだ。

テレビ局の取材が「不審者の声かけ」と誤解されるという珍事は、ネット上でも注目を集めることに。ツイッターネット掲示板には、

「笑ってしまった」
「小型のビデオカメラひとりだけだと素人くさく見えるよね」
「普通所属のテレビ局と番組名、取材の意図を先に言うべきなんじゃないの? 不審者扱いされても仕方ない」

などの反応が寄せられている。また、「実際がどうかに限らず通報は正しい」との意見も目立っていた。

警察の調べで身元が判明

どういう経緯で誤解が明らかになったのか。メールを配信した上越市市民安全課の担当者は13日のJ-CASTニュースの取材に、

「とくに、テレビ局側から苦情などが寄せられたわけではありません。11日のメールを受けて警察が調べたところ、不審者とされた男性が本当にテレビ局スタッフということが分かったのです」

と説明した。このスタッフが取材時に名刺を渡した人がいたため、それで身元が確認できたという。

誤解を受けたのはどこのテレビ局だったのかを聞くと、担当者は「申し訳ないですが、こちらからはお話できません」。ただ、東京キー局バラエティー番組の撮影だったとの話は聞いているという。

なお、最初に不審者情報をメールで告知したことについて担当者は、

「親御さんの報告を受けた学校から連絡があったので、メールを配信しました。テレビ局を装って子どもを連れ去るなどの危険も心配されたので、まず注意を促そうと考えたのです。その後、事実関係がはっきりしたので、市民の皆さんの不安を解消するため、続報という形でメールを配信いたしました」

と話していた。

テレビ取材がまさかの誤解招く(写真はイメージ)