働き方改革が叫ばれ始め、少しづつではありますが、職場環境は改善の方向に向かっているような気がします。日本企業がお手本にすべき世界基準の働き方をご紹介!

1.

A「私は素早い作業が得意だけどチェックが苦手」
B「私はチェックが得意だけど素早い作業が苦手」
海外企業「じゃあAさんが作業してBさんがチェックね」
日本企業「じゃあBさんが作業してAさんチェックすれば、2人とも苦手を克服して作業が速くてチェックも得意な完璧人材になるね!」

— のーみん 丁 (@noumin_T) 2018年7月3日

2.

ドイツの働き方
・フレックス出社は当たり前(15時半には家に帰る)
・残業を貯蓄できる(1時間残業したら次の日以降1時間早く帰っていい)
・残業しない人の方が高評価
・労基署が会社のタイムカードを必ずチェックして残業が多いと罰則罰金

日本は今すぐ真似してくれ頼むから

— 春@不健康 (@halushiroi) 2017年2月2日

3.

イギリス人「俺たちはヨーロッパ一の働き者だ。まず夏休みは3週間しかとらない。フランスイタリアは6週間だ。しかも朝は九時に会社に来ている。昼にワインは飲まない。働きすぎだから俺は鬱だ」

— めいろま「バカ格差 」発売中 (@May_Roma) 2014年10月25日

4.

留学生が言ってたんだけど、仕事で大変そうな人に「頑張って」と言う日本人アメリカ人には理解出来ないらしい。神経質になってる相手にプレッシャーをかけるなんてアメリカではもっての他で、「気楽にやれ」と言うのが普通なんだそう。「なぜ日本人は仲間を追い込むんだ?クレイジー!」と言ってた。

— きさきの (@kisakikino) 2015年2月17日

5.

今の職場で「少し前までほとんどの人が16時には帰宅していた。最近は16時に帰宅できる人の方が少ないかも知れない。ノルウェー人は忙しくなりすぎている」って同僚が議論してるんだけど社畜の国から来たばかりだからうまく話を合わせられない。

— Celeste (@yy_celeste) 2014年4月14日

6.

業者「7月、8月は北欧のメーカー夏休み入っちゃうんでこの納期だと厳しいですねー」
上司「いつからいつまで休みなんですか?」
業者「7月と8月全部です。」
って言われた時の空気すごかった。

— じゃむ (@jam_xopowo) 2018年6月30日

記事提供:クレイジー

☆クレイジーFacebookページ☆

☆クレイジーTwitter☆

夏休みは2ヵ月!すぐさま日本に取り入れてほしい世界基準の働き方 6選