地球ゴージャスプロデュース公演Vol.15『ZEROTOPIA』の大阪公演が7月6日から7月15日までフェスティバルホールで開催中だ。そんななかサンディー役を務める宮澤佐江7月13日SNSで「みんな大好きいくちゃん!が来てくれました」とハイテンションツイートした。

乃木坂46の生田絵梨花が激励に訪れてくれたのだ。彼女が出演するミュージカル『モーツァルト!』の大阪公演も7月5日から7月18日まで梅田芸術劇場で上演されており、宮澤は「モーツァルト!の大阪公演中に ありがとうだよ」と涙する絵文字で感動を表している。

2017年には生田がジュリエット役で主演したミュージカルロミオジュリエット』を宮澤佐江が観劇しており、SNSに「彼女とはお互いの舞台を観合いっ子する仲」と楽屋でのツーショットを投稿する間柄だ。

その『ロミオジュリエット』でR&Jダンサーを務めた鈴木百花と高木勇次朗が、今回の『ZEROTOPIA』にも出演している。宮澤もその組み合わせを「ロミジュリチームの、たかりんすももと46と元48で。なんだこのメンツ」と喜んでいた。

2016年4月1日AKB48グループを卒業した宮澤佐江は、自身のアイドル時代を思い出すのだろう。生田絵梨花を「アイドルやりながら舞台女優さんとして大活躍ないくちゃん。いつ会っても人懐っこくて礼儀正しくて…ほんとにいい子」と絶賛している。

画像は『宮澤佐江 2018年7月13日Twitter「みんな大好きいくちゃん!が来てくれました」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト