ベッカム氏「準決はとてつもなかった!」、オーウェン氏「未来への希望与えた」

 サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会は11日の準決勝でイングランドクロアチアに延長の末に1-2で惜敗し、52年ぶりの決勝進出を逃した。しかし、予想を覆す快進撃を演じた若きチームに対し、代表OBは「準決勝はとてつもなかった!」「すべての人に未来への希望を与えてくれた」と賛辞を送っている。

 敗れはしたが、サッカー大国の威信は発揮した。クロアチアと演じた120分の激闘。延長後半4分のゴールで決勝点を献上した。スコアは1-2。ただ、一歩も引かない胸を張っていい内容だった。それを証明するように代表OBからSNS上で労いの声が続々と届いている。

「貴公子」として世界的人気を誇ったデービッドベッカム氏は「ショックだ」と切り出したが「ただの選手ではなくファンとしてチームを観戦する気持ちを今、私は本当に理解した。ボーイズはとても誇らしく、興奮することばかりだった。ワールドカップの準決勝はとてつもなかった! 若手選手の素晴らしい収穫も」と奮闘を絶賛している。

「元祖ワンダーボーイ」と言われたマイケル・オーウェン氏は「認めなくては、ここ数年、国際サッカーに私は嫌気がさしてしまったけど、このチームと監督はすべての人に未来への希望を与えてくれていた。よくやったよ、ボーイズ」とチームを率いたサウスゲート監督を含め、手放しで称えていた。

ネビル氏「若い選手に大きな経験」、ファーディナンド氏「監督には特別な称賛を」

 長年、サイドバックを務めたガリー・ネビル氏は「若い選手たちにとって大きな旅と経験になった。今夜の私の考えは自分たちのことを誇らしく思っていて欲しい。そして、近々最後のステップを踏めるようにこの気持ち持っていて欲しいと願っている」と思いをつづった。

 ネビル氏とディフェンスラインを形成したリオ・ファーディナンド氏は「イングランドは敗退した…信じられない実績を残した選手、スタッフ、そしてバックグランドでの一人一人、国を団結し、ヒーローのように家に帰って行ったガレスには特別な称賛を…アイデンティティを与えてくれて私たちの国際サッカーを信じる理由をくれた」と指揮官に敬意を示した。

 52年ぶりの優勝こそ届かなかったが、イングランドとしての誇りを貫いたイレブン。その魂を代表OBもしっかりと認めているようだった。(THE ANSWER編集部)

クロアチアに延長の末敗れたイングランド【写真:Getty Images】