戦いも佳境に入ったサッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会。サッカー好きで有名な英ウィリアム王子が応援していたイングランドは先日、クロアチアに逆転負けを喫し決勝進出はならなかった。選手や英国民が打ちひしがれるなか、ウィリアム王子がケンジントン宮殿公式Twitterに寄せた心温まるツイートが話題を集めている。

イングランドサッカー協会(FA)の会長を務める英ウィリアム王子は無類のサッカー好き、4年に一度のサッカーの祭典を誰よりも心待ちにしていたはずだ。

英時間の6月7日には、コスタリカ代表との国際親善試合を前にイングランド代表を激励しようとリーズまで足を運んでいた。W杯の幕が開けてからは、公務と試合日程が重なりイングランド対パナマ戦をリアルタイムで見ることができず、ヨルダンへ向かう機内で「試合の話はしないこと」と同行者たちに念を押したり、メディアに対し「うっかりスコアをバラしたら死刑にしますよ」などと口走ったこともあった。

サッカー発祥の地”のプライドをかけ大奮闘した“スリーライオンズ”ことイングランド代表、今大会では猛威をふるい準決勝まで勝ち進んだ。しかし強豪クロアチアに逆転負けを喫し、優勝まであと一歩のところで力尽きてしまった。

お祭りムードが漂っていた英国は一転してガッカリムードが広がるなか、11日にウィリアム王子がケンジントン宮殿公式Twitterにて異例のツイートを寄せ、その心温まるメッセージが多くの国民の心をとらえたようだ。

イングランド代表が今、どれほどの失意に陥っているかは理解しています。しかし私はこのチームをこの上なく誇りに思うのです。あなたたちは堂々と胸を張るべきです。今大会で大健闘を見せ、新たな歴史を作り、そして私たちに信じるべきものを与えてくれたのですから。イングランド代表チームはまだ始まったばかり、前途は明るいと私たちは確信しています。W」

最後にウィリアム王子自身のイニシャルを添えたこのツイートには、多くの英国民が反応。「イングランド代表は国を一つにしてくれた」「僕たちに希望と信じる心を与えてくれた代表に感謝」「世代や国を超えて人々を一つにしてくれるスポーツ素晴らしいイングランド代表、ありがとう!」などイングランド代表の健闘を称えるメッセージが多数寄せられた。

惜しくも決勝進出を逃したイングランドは、現地時間14日午後5時(日本時間同11時)からサンクトペテルブルクにて行われる3位決定戦に出場予定。フランスに敗れ同じく決勝進出の夢を果たせなかったベルギーと対戦する。両チームは今大会ともにG組だったため、1次リーグですでに対戦済み、前回はベルギーが1-0でイングランドを下していた。

英国―ロシアの関係悪化により、現在ロシアへの入国を見合わせているウィリアム王子、14日ははがゆい思いを抱えながら若き“スリーライオンズ”の勇姿を見守ることだろう。

画像は『Kensington Palace 2018年6月27日Instagram「He shoots, he scores In Jaffa, The Duke of Cambridge joined people from The Equalizer and the Peres Centre for Peace and Innovationwho both work to support co-existence between young people from different religions and backgrounds – for a penalty shootout.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト