当初移籍を示唆していたベイルファーストチョイスに、アセンシオは出場時間増加か

 レアル・マドリードポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドユベントスに放出した。公式戦438試合で451ゴールを積み上げてきたスーパースターの移籍は白い巨人(レアルの愛称)に大きな影響を与えると予想さえるが、スペイン紙はロナウド移籍で「恩恵を受ける」という4人衆の存在を指摘している。

クリスティアーノ・ロナウド流出、得をするかもしれない4人のレアル・マドリードの男たち」と特集したのはスペイン紙「AS」だった。その筆頭はウェールズ代表のスピードスターだという。「Crexit(ロナウド流出)最大の恩恵を被る人間の1人になるのは、ギャレス・ベイルだろう」と報じている。

 圧倒的な実力を誇りながら、度重なる故障に苦しんできたベイルは過去2大会のUEFAチャンピオンズリーグ(CL)決勝はいずれもベンチスタート。しかし昨季のCL決勝リバプール戦では圧巻の2ゴール存在感を放ち、史上初の大会3連覇に貢献した。

 そんなベイルは当初、ロナウド同様に移籍を示唆し、「代理人と話し合わなければいけない。毎週プレーしなければいけない。決勝に先発できないのは失望だ」と話していた。だがロナウドの移籍で状況は変わりつつあるようだ。規格外のレフティーが攻撃面でファーストチョイスになる可能性が高くなっている。

 二番手に登場したのは、スペイン代表FWマルコ・アセンシオだ。サポーターから高い人気を誇るレフティーだが、レアルでは先発の座を確保できていない。昨季は公式戦53試合に出場し、チームでの出場時間は13位だった。レアル攻撃陣の中で熾烈な争いを繰り広げていたなか、ジネディーヌ・ジダン前監督に寵愛されたアセンシオは、ロナウド移籍でより多くの出場時間を確保することになりそうだ。


ロペテギ新政権でベイルと共存が実現しそうなのは…

 三番手はスペイン代表MFイスコラファエル・ベニテスカルロアンチロッティ政権では、元フランス代表FWカリム・ベンゼマベイルロナウドの最強3トップBBC」の陰に隠れていたファンタジスタだが、ジダン政権の2シーズンで主力に成長。故障がちなベイルに取って代わっていたが、同紙は「今や2人に居場所があるかもしれない」と指摘しており、イスコベイルの共存がフレン・ロペテギ新政権で実現する可能性に触れている。

 最後の4人目はスペイン代表FWルーカスバスケスだ。ジネディーヌ・ジダン政権では特定の局面で起用されるサブ要員の域を出なかった。昨季53試合出場も半分以上がベンチスタートだったが、11アシストを記録。8ゴールに加え、5度のPKを誘発するなど実力は証明済みだ。「来季出場機会を増やす権利を手にした」と報じられている。

 ロナウド移籍後も実力者揃いのレアルの攻撃陣だが、稀代のゴールスコアラーの穴を埋める存在はチーム内から出てくるのだろうか。


Football ZONE web編集部)

スペイン紙が指摘する、ロナウドの移籍で「恩恵を受ける」4人衆とは?【写真:Getty Images】