前回、無事に地上波デビューを飾った、見た目はアイドル、中身は極道のおっさんな「ゴクドルズ」。アイドルとして順調に売れ始めたようで、ファンからプレゼントが送られてくるようになった。


【大きな画像をもっと見る】

ラブラブピョンピョンのチカには、クマさんのぬいぐるみや、ピンクハートラッピングされたかわいらしい箱が届く。アイリの元に届くプレゼントの箱や袋には、高級ブランドのロゴがずらりと並ぶ。そして、マリには……。ラッピングなしの茶色の箱が2つだけ。マリにはファンレターのみが届き、プレゼントはナシという現実。人気はプレゼントの数で計れるものではないけれど、それにしてもこの違い。人気格差と言っていいものかどうか……。

 

 

アイリ&チカとマリの間に微妙な空気が流れる中、空気を読まない親分は普通に褒めちゃうのである。「チカはかわいらしいぬいぐるみが多いね〜」「アイリすごいじゃん、ブランドものばっかで。興奮が止まんないよ、この野郎!」と。

 

親分にも褒められ、プレゼントの山を前にまんざらでもない様子のアイリとチカに向かって「プレゼントがたくさんもらえて嬉しいか! 心はずっと極道だろ!」とブチ切れるマリ。八つ当たり以外の何物でもないが、「心までアイドルになっちゃダメだ!」と自分に言い聞かせ、男らしくキメと思いきや……。アイドルに侵食されている身体は正直だった。

 

翌朝、マリの寝言を聞いたアイリ&チカは耳を疑う。目の前にはかわいらしい女性の姿で「プレゼントが欲しいもん。もっともっとかわいくなりたいし……」とつぶやくマリがいるのだから。対応に困るアイリとチカ。

 

こんな時は素を出して驚くのが一番。アイリ&チカは、兄貴&カズで困惑顔に、それを見たマリはふと我にかえり、リョウの涙顔で言い訳をする。終わりなき自分との戦いは続いていくのである。

 

第2話には新キャラクターが2人登場している。その1人が木村(CV:花江夏樹)だ。ゴクドルズの付き人になるべくやってきた木村に「久しぶりだな」と声をかけたのは、かわいらしいアイドルのチカ。木村がかつて憧れたカズの姿はそこにはなかった。

 

 

久しぶりに再会したカズ(見た目はもちろんチカ)と木村は、「夜に酒を飲みに出かけたらケツバット」の罰も気にせず、酒を飲みに夜の街へ繰り出す。そこで、問題発生!

 

酒を飲むと脱ぐ癖のある木村が気持ちよく服を脱ぎ捨てた瞬間、目の前に現れたのは、チカの顔がプリントされたブリーフ!「お前だけは、信用できるよ」とチカが木村に伝えた直後の出来事だった。「もう兄貴と呼ぶな、チカちゃんでいい」と伝えるチカの姿が切ない……。

 

かつての弟分にまで愛されちゃうくらい、アイドル街道まっしぐらなゴクドルズ。今度は、ラジオでボンジョルノ娘、通称・ボン娘と競演、いや勝負することに。ゴクドルズの中身=おっさんたちのイメージするアイドルは、ちょっと古くさい。「好きな食べ物はイチゴケーキ!」と答えれば、いまどきのアイドルに「ダサい」と吐き捨てられる始末。

 


「勝負に負けたら許さねぇ」とばかりにケツバットを準備する親分からは、まがまがしいオーラが放たれている。いまどきのアイドルおっさん感を出せばウケることを学んだマリちゃんは、元気よく言ってしまう。最近の悩みは、陰毛に白髪を発見したこと!と。そりゃ、いったんCM〜ってなるのも当然! アイドルらしからぬ発言を、ラジオで言っちまった……。

 


 

親分から、キツ〜イ一発をくらったことはいうまでもないが、コアなファンもたくさんゲットしたマリ。今後も、マリだけファン層がおかしいことになりそうな予感がする。

 

ある日、マネージャーマンダリン木下に「女の子らしいコミュニケーションを取るべし!」とアドバイスされたゴクドルズの3人。「女の子同士のコニュニケーションなんて知るかぁ!!」と叫ぶ兄貴だったが、新キャラメイク担当カリンさん(CV:茅野愛衣)にスキンシップの大切さを教えてもらいチャレンジすることに。

 

カリンさんのマッサージが気持ちよかったのを思い出しながら、3人でもんだのはお互いの胸! おっさん3人が並んで胸をもんでみたところで、全く何も感じないことに気づく……。ジャージ姿で胸をもみ合う3人のシュールな姿は、ある意味癒されるかもしれないが、男同士のスキンシップに癒しは感じないことを学んだゴクドルズだった。

 


麻雀中にふと思い出し、なじみの店を訪れた兄貴。兄貴の顔を最近見なくなったと話す店主は、兄貴は死んだと思い込んでいる。

 

兄貴「目の前にいるよ」

店主「死んだのだろう」

兄貴「いや、ここにいるって、女の姿だけど」

店主「死んだのだろう」

兄貴「だから、生きてるって」

 

これだけのやりとりだけど、ゴクドルズでは珍しい(?)ほっこりとした気持ちになった矢先、空気を読まない&空気を壊す男、親分が絶妙のタイミングで登場する。

 

“50時間ぶっ続けのオファー”

 

なんじゃそりゃー!! 新キャラ木村の愛は届くのか、カリンさんpresents女子力アップ講座など今後もおもしろいことが起こりそうな予感。そして、新たなサブキャラ登場にも期待したいところ。波乱万丈のゴクドルズアイドル人生、どのような展開を見せるのか、乞うご期待!

 

(文/タナカシノブ


>> 「Back Street Girls-ゴクドルズ-」第2話感想:新キャラも登場で、ますますカオスなアイドル活動! の元記事はこちら
「Back Street Girls-ゴクドルズ-」第2話感想:新キャラも登場で、ますますカオスなアイドル活動!