流行するネイマールチャレンジに負けじと、痛がる姿でアルファベットを表現し揶揄

 ブラジル代表FWネイマールロシアワールドカップ(W杯)で母国を優勝に導けず、国民からの批判に晒されている。ファウルを受けた際の“過剰演技”は、同胞の怪物FWロナウド氏やオランダの英雄FWマルコファン・バステンらレジェンドからも非難の声が続出。そんななか、スペイン紙「マルカ」は「ネイマールの転倒がアルファベットを創り出した」とユニークコラージュ写真とともに揶揄している。

 優勝候補筆頭と期待されながら、準々決勝でベルギーに敗れてベスト8で姿を消したブラジルネイマールは敗退の戦犯として批判の矢面に立たされ、5試合で計14分間もファウルを受けて大袈裟に痛がる過剰演技をしていたと世界中に話題を振りまいてしまった。

 ネイマールはすでに大会を後にしているが、痛がるリアクションはすぐさま世界的に流行。ベルギー代表のファンフェスタでは数千人が「ネイマールファウル!」という掛け声とともにのたうち回ったり、世界中のサッカー少年が痛がる演技を競い合うように突如ピッチ上や路上で大袈裟に悶絶するなど、“ネイマールチャレンジ”なるモノマネ動画が一大ブームとなった。

 スペイン紙「マルカ」は、「ネイマールの転倒がアルファベットを創り出した」と特集。ネイマールが痛がる様々な写真を組み合わせて、アルファベットのAからZまで26パターンで形成したコラージュ写真をアップした。

風刺画としてモデルにされる事態に…

ネイマールは転倒の誇張表現により、批判の渦中に追いやられている。重要な局面で低調なパフォーマンスに沈んでいたのに加え、ネットは炎上している。ファウルを受けたネイマールが風刺画としてモデルとなったアルファベットが生み出された」

 ファン・バステン氏も、FIFAテクニカルスタディグループ(TSG)による記者会見で「(ネイマールは)自分の置かれている状況を理解すべきだ」と警鐘を鳴らすなど、ネイマール問題の喧騒はしばらく収まりそうにない。(Football ZONE web編集部)

「ネイマールの転倒がアルファベットを創り出した」と海外紙がユニークなコラージュ写真とともに揶揄している【写真:Getty Images】